住まい

マンションをリノベーションすると生活が豊かになる4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マンションにお住いの方、もしくは購入を検討されている方の中でリノベーションに対してどの様なイメージを持たれているでしょうか?

「キッチンが古いから交換したい」「自分の理想の空間にしたい」「安く工事がしたい」

など様々な価値観がある中で、生活を豊かにするという視点からまとめてみました。

スポンサードリンク

生活のイメージをしっかりと持つこと

近年、マンションのリノベーションが流行っており、憧れの生活空間を手に入れることができます。リフォームをさらに超えた本格的な改修によって、自分好みの空間が実現します。日々の生活をイメージして、利便性を追求していけば理想の空間が手に入るはずです。

 

生活スタイルは人によって異なるため、モデルケースはあくまで参考に留めておきます。バスルームを快適にしたり、キッチンの利便性を向上させたいなど、事前にポイントを絞っておくとよいです。イメージを明確にしておくことが大切なので、生活空間を具体的にイメージしてみましょう。

 

1・生活がしやすい動線

 

2・お子様の将来

 

3・メンテナンスのしやすさ

 

4・現在の問題点からの改善

 

インテリアばかりに気が行きがちな方を多く見受けますが、実際には長い間、生活をしていく大事なマンションです。理想の空間をイメージしつつ、実際に生活をしていく中で不便な事がないかイメージをしっかりと持ち、色々な視点からバランス良くリノベーションしていく事が大切だと思います。

不要なものを見直してみる

中古マンションを購入したけど、不満がいくつかあるというケースは少なくありません。完璧に理想を満たした物件を見つけることは非常に難しいのが現実です。

もちろん、お金を際限なく使えるなら理想の空間が手に入りますが、そうした方は1%もいません。限られた予算の中で理想を追求していくと、必然的にリノベーションやリフォームが必要になってきます。

 

部屋が狭く感じられると圧迫感があって、日々の生活にストレスを感じてしまうでしょう。家族が多くなると生活の中で動作が干渉する部分が生じてくるもので、特に朝の忙しい時間帯は部屋が狭く感じられることが多いです。少しでも部屋を広くするためにも、不用品は処分しておく必要があります。部屋にスペースが出来るだけで、たくさんの可能性を広げリノベーションする事ができるはずです。

 

 

一軒家と比較してマンションは狭いと認識している方が少なくありません。集合住宅は都市部に位置することが多いため、これはイメージではなく事実です。地価の高額なところには集合住宅、比較的安価なところには一軒家というのが昔からの常識です。駅周辺に多いのは集合住宅ですが、周辺アクセスがよいというメリットに対して部屋が狭いというデメリットもあります。このデメリットを解消してくれるのがリノベーションであり、中古物件購入時に行われるケースが多いです。

リノベーションする際には優先順位をしっかりともつこと

設計は依頼者が自由に決めることができるので、生活の不便を解消することができます。自分だけの住まいづくりが可能になりますし、インテリアにこだわりを持つこともできます。もちろんトイレやキッチンなどの特定の部位をリフォームするのもおすすめです。

 

生活空間における優先順位を明確にした上で、どこを変えていくのか決めていきましょう。ライフスタイルに合わせることが大切なので、家族の生活パターンも考慮して使いやすい住まいに変えてください。理想の住まいは生活しやすくて、ストレスが溜まらないことです。

 

住居には癒しを提供する目的があるため、リラックスできる場所が好ましいです。理想の中古マンションが見つからないときは、最初からリノベーションを考慮しておくとよいでしょう。それにより物件選びの選択肢が圧倒的に増えるので、お得物件が見つかりやすくなります。

 

物件選びでは妥協が必要なこともありますが、妥協はあくまで最後に検討するべきものです。最初から妥協すると失敗するので、最初は理想の条件をすべて紙に書き出した上で検討していきましょう。そして条件を満たす物件がないときは、優先順位の低い順から妥協をしていきます。

 

日本は新築に住みたいと考える方が多いですが、欧米では意識が随分と異なっています。物件が古くても自分たちが住みやすいように作り変えてしまえばよいと考える方が多いわけです。日本でもこうした考えは少しずつ普及してきており、あえて格安の中古物件を探す方も増えてきました。新築に比べて中古を購入してリノベーションしたほうが、総費用を20%以上も安くできる現実があります。

 

費用対効果としても優れているので、選択肢に入れるのは大きなメリットです。間取りの自由度が高くなりますし、よく使用する場所を使いやすく変えることもできます。

生活空間における思い入れは一人ひとり異なるもので、例えば浴室にはこだわりたいという方は多いです。浴室は一日の疲れを解消してくれる場ですから、広々とした空間が欲しいところですね。

 

主婦だとキッチンにこだわりたいところですが、一人暮らしで食事は外食が中心という方ならキッチンにはそれほどこだわる必要はないでしょう。

将来設計が必要

生活空間に求める優先度は家庭によって異なるので、家族ともよく話し合った上で決定していく必要があります。5年後、10年後の将来も考えた上での家づくりが好ましいため、人生の大イベントを想定した上でシミュレーションしてください。

 

ある程度年齢を重ねている方だと、将来的にバリアフリー空間が欲しくなる可能性があります。自身の年齢も考慮した上で理想の家づくりをしましょう。マンションのリノベーションをする方は増えており、そのため中古物件の売れ行きも向上しています。

 

理想の家は生活を豊かにしてくれますし、何より所有欲を満たすことができます。生活の不便はストレスに直結しますから、ストレスを感じている方はぜひ検討してください。現在はプライバシーが重視される時代ですから、プライバシーのない部屋を作り変えるケースも増えています。

 

ご自身とご家族の将来設計も大切ですが、建物もいずれ老朽化が進んでいきます。必ず訪れるメンテナンスを計画にいれた上で費用対効果などしっかりと把握しておく事が良いと思います。

まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか?

私自身も家づくりをした経験があります。数年が経過していくと「もっとこんな事を気にしておけばよかったな」と思い、後悔している事があります。この記事を少しでも参考にしていただき、家族がリラックスして豊かに過ごせるような、素敵なリノベーションをしてくれる事を願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。