DIY

中がふわもこ♪ダイソー100均アタッシュケースを大雑把リメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

働くビジネスマンが使うイメージのあるアタッシュケース。中にはパソコンやIpad、カメラなど電子機器が入っていそうですね。

でも実は、大人たちに混じり、小学生の子供たちもipadを手に、学校へ登校している姿をよく見かけます。

現代の情報化社会の波は、今ドキの子供たちにも影響を与えているのですね。ipadやスマートフォンなどの通信機器を持ち歩くのが常識となった今、その中に入っている大事なデータは、もしかしたら財布以上に大切なものかもしれません。

その大切なデータをしっかりと守るには、相応の入れ物が必要ですね。でもでも、意外と電気屋さんで売っているアタッシュケースはお値段がします。かといって、布製のバッグの中やランドセルにそのまま入れて置くのもなんか不安…

ということで今回は、100均ショップのダイソーで見つけたアタッシュケースを100均の素材でDIYして、ヤンチャなビジネスカバンを作ってみました!最後に動画もあります。

とてもいいサイズ感で、ipadやカメラ、その他の電子機器がたっぷり入って運びやすい感じになっています。個人的には、愛用のmacbookが入らなかったのが、ちょっと残念です…泣

100均 diy

アタッシュケースのリメイク素材を調達

さて、とりあえずアタッシュケースのリメイクに必要なものを調達しにいきます。狙いは、アタッシュケース本体、アタッシュケース内のクッション性をあげるモノ、デコレーションするモノ、以上!!

アタッシュケース本体

 

近くの100円均一ショップの【ダイソー】には、1種類のアタッシュケースしか見当たりませんでしたが、ipadやタブレットなら十分入るし、さらにCDやカメラなどの精密機械も入れられるスペースがありそうなのでこちらを購入!

透明でシンプルなアタッシュケースなので、DIYしやすそう。

100均 diy

アタッシュケース内のクッション

何を使おうか少し迷いました。コルクや布とかも考えたのですが、クッション性と加工のしやすさを重視したかったので、やめました。

そして良いものを見つけました!クリスマスツリーの飾りとかに使う「棉(わた)」です。これならちぎって貼り付けられるし、クッション性も高いはず。お好みで色もつけられそう…でも今回はシンプル・イズ・ザ・ベスト!普通に白いままでいこう!

ちなみに100均ショップで売っている棉でも、結構な量があります。

100均 diy

アタッシュケースをデコレーション

お手軽にといえど、そのままの見た目だとなんとも無機質な感じになってしまうので、周りをデコレーションするアイテムを探しました。

最初に思ったのは布でしたが、雨の日などを考えると、濡れて染み込んでしまうものはなるべく避けたい。

アタッシュケースはプラスチックなので濡れないですが、やっぱり周りも濡れないor濡れてもすぐにふきとれる素材が良いなあと思い、選んだのは「ステッカー」。日本は好きですが、アメリカの国旗柄のステッカーがちょっとかっこ良かったので、それに決めました!でも実は、トイレの便座用のステッカー…まあカットすれば問題ない 笑

100均 diy

スイッチステッカー 蓄光タイプ

安全のために!帰りが遅くなって、暗い夜道でも自分がいる場所をちゃんと周りに知らせることが出来るように、暗闇でも光る蓄光タイプのスイッチステッカーを購入しました!

暗い夜道は、光るものを身につけていないと歩行者は本当に闇に同化します。これだけで車の事故から身を守ることになります。

100均 diy

木工用ボンド

中のクッション部分をDIYするために、接着材として木工用ボンドを購入しました。

100均 diy

平筆

木工用ボンドをアタッシュケースの広範囲に塗るので、その時に便利な平筆を購入しました。

100均 diy

買い過ぎ注意 笑

100均ショップに来ると、いつもはじめに買おうと思っていたよりも、いくつか多く商品を購入してしまいます。100円の魔法ですね 笑

何かもう一つワンポイントアイデアを入れたいなと思ってクリアファイル(書類とか)を購入しましたが、ん〜よく考えたら今回のアタッシュケースには使うところがない。よく考えなくも使うところがないのに買ってしまった…100円ショップ、おそるべし。

まあどこかのタイミングで使い道があることを願います 笑

100均アタッシュケースをDIYリメイク

一度、DIYに使うアイテムを整理しますね。

  1. アタッシュケース
  2. ステッカー
  3. 蓄光ステッカー
  4. のりorボンド
  5. 平筆
  6. 水+カップ
  7. ハサミ

こんなものかな。ちなみにアタッシュケースは300円でした。その他は100円で購入したものか、家にあったものです。

STEP1:机にアイテムを並べる

私のような面倒臭がり屋にありがちなのが、使うアイテムをはじめに準備しないで、その時が来て必要なことに気づき慌てふためくパターンです。

面倒臭がった分、効率も悪いし、完成してからあとで何か足りない!って気付いた時には遅かったりしますので、机の上、もしくは手の届く場所に使うものを並べて置いておきましょう。

STEP2:アタッシュケースにノリを塗る

アタッシュケース全体、もしくは片面ずつノリを塗っていきます。棉を接着していくためです!よくあるオレンジのキャップのノリでも良いし、刷毛を使って水に溶かしたボンドを塗っても良いです。

塗り残しがないように、内側全面に塗っていきましょう。

100均 diy

STEP3:アタッシュケースに棉を敷き詰める

ノリが乾かないうちに、棉を敷き詰めていきます。棉の量を均等に敷き詰めてあげることがポイントです!棉は手でちぎることができるので、とても扱いが簡単です。

入れるものの大きさによって棉の量を調節してあげると良いかもしれないですね!

100均 diy

STEP4:アタッシュケースにステッカーを貼る

今回購入したステッカーは、トイレの便座用の形になっているで、アタッシュケースに合わせてカットしていきます。

バーンと一気に貼れれば楽なのですが、購入したアタッシュケースがちょっとボコボコした作りなのでそーいうわけにもいかず…!

一旦ステッカーをアタッシュケースにペタッと貼ってから、アメリカ国旗をカットしていきます。ズボラあるあるですね。このやり方の方が、測って切って貼るよりも楽!笑

100均 diy

STEP5:蓄光ステッカーを貼る

最後に、暗闇での安全を守ってくれる蓄光ステッカーをお好みの場所に貼り付けて、完成ーーーー!!!

100均 diy

作ってみての感想

棉を貼るところまでは超簡単です!アメリカ国旗のステッカーを貼るところ、難しくはないですが、若干の手間はかかりました。でもそこがDIYしている感があって、良いかなと思います。あまり簡単に出来てしまうと、完成した時の達成感に関わります 笑

ステッカーも100円ショップにいくつか種類があるので、お好みの柄を選んで楽しんでくださいね。中の棉も違う素材を使ったりすることで、またアレンジの幅が広がるかもしれませんね。

使ってみての感想

私は動画を撮るためにビデオカメラやそのオプション器具、メモリーカードなどをよく持ち歩きます。このサイズ感のアタッシュケースがあると、かなり便利です。

しかも持ち運びには嬉しい軽さと、雨に少しくらい濡れてもへっちゃらな感じがたくましいです。あまり豪雨に晒されすぎると、隙間から中に水分が入り込んでしまいそうなので注意が必要ですが 笑

そして一番大事なのは、きちんとipadや精密機械の中の大切なデータを守ってくれるかどうか!100均といえど、プラスチックは衝撃に強いです!中に入っている棉も、しっかりとクッションの役割をしてくれているようです。

ただ、棉の繊維が取れて精密機械に付着してしまう恐れがあるので、生のまま機械を棉に入れるより、先に何か入れ物に入れてからの方が、ベターだと思いました。

まとめ

今回作った電子機器用アタッシュケースは、精密機械を入れるように中に棉を敷き詰めましたが、中身を変えたり、中に区切りをつけたりすることで、いろんな用途に使えそうです。

また、コストが安いので、同じサイズのアタッシュケースをいくつか用意して並べたら、収納などにも使えそうですね。一つ一つのアタッシュケースの柄を国の国旗にしてもかっこいいかも。

100均アタッシュケースの可能性を感じた今回のDIY。もしかしたら、アタッシュケースがインテリアにもなるかも…ちょっと色々考えてみます。

皆さんも、何かアタッシュケースを使ったアイデアがあれば教えてくださいね!

それでは最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。