住まい

家の外観をデザイン変更する場合の費用って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家の外観のデザインをもっと便利にカッコよく変更したい!

と思った時に最初に頭に浮かんでくるのはやはり「費用」の事ではないでしょうか?

業者にいきなり見積もり依頼をする前に費用について、知っておいた方が計画や予算が立てやすくスムーズに外観のデザインを変更できるようになります。

 

ここでは「外観のデザインを変更する場合の価格」についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

窓を変更する場合の費用

 

家の外観を決定づける要素は家の形や窓、外壁といった部分になります。

ただ、後からデザインを変更するとなると窓または外壁を対象としたケースが多いと言えるでしょう。窓は日当たりや風通しにも影響しますし、間取りにも関係していますので、住みよい家を実現するためにも重要な要素のひとつです。

 

窓の種類は大きく分けると縦すべり窓・横すべり窓・引違い窓・FIX窓の4つに分類されます。

 

種類 特徴
縱すべり窓 ドアのように直角まで窓が開く、メンテナンスがしやすい
横すべり窓 人の侵入が困難で防犯面に優れている
引違い窓 一般的な窓で使い慣れている為、掃除などもしやすい
FIX窓  開け閉めできないが、採光やデザインの為に取り入れることが多い

 

縦すべり窓は、軸が縦になっており、ドアのように開閉するタイプです。スペースを確保しやすく、直角まで開けることが可能ですのでガラス面のお手入れもしやすいメリットもあります。

 

また細いタイプのものであれば、人の侵入が困難となりますので防犯面の向上にも繋がります。対して横すべり窓は、窓の上部を軸として外側に開閉するタイプです。開閉時にガラス窓が屋根のような役割を担いますので、雨が室内に降り込みにくいメリットがあります。光や風の取り込みにも効果的です。

 

引違い窓は日本の住宅でも一般的に見られる窓で、左右に開閉することができます。左右の開き方を調整したり、人の出入りもしやすいことから庭先との繋がりに使用されたりすることが多いです。

 

FIX窓は開けることができないガラスをはめ込んだタイプとなっています。光が射し込むように玄関や階段ホールの天井部分に使用されることが多いです。落下の危険性がなく、防犯面にも優れている特徴があります。

各タイプは間取りや外観とのバランスなどを考えながらデザインすることが大切です。さらにデザイン性の高さだけでなく、取り付ける場所によっては防犯面の考慮や、プライバシーの確保も忘れてはいけません。気になる費用ですが、出窓の場合だと50万円から100万円ほどと大きな開きがあります。これはサイズや形が決まっている既製品を使用するのか、オーダーメイドにするのか、また新規で設置するのかによっても変わってくるからです。

外壁を変更する場合の費用

窓よりも大きな面積を占める外壁は、より外観の印象を変えるにはうってつけの箇所だと言えます。しかし、外壁に関しても価格の相場は20万円から300万円ほどと大きな開きがあります。その理由は補修・塗装・新調という3種類があり、内容や規模によっても大きく異なるからです。

 

外壁は経年劣化の影響を受けて、ひび割れや塗装が剥がれることがあります。こういった家へのダメージは雨漏りや内部結露の原因となりますので、補修を行うことが必要です。ただ、デザインの変更となると塗装や新調のケースとなるでしょう。

 

塗装は外壁に防水機能だったり、美しい外観を保ったりする目的で行われます。塗装面積や劣化の状態、塗料の性能や耐久年数などによっても価格帯は変化しますが、80万円から150万円程度が相場だと言われています。

塗装の種類はたくさんありますので、業者さんに聞くだけではなく、ご自身でホームページなど検索して、ある程度の相場観と機能について把握しておくと良いです。

 

・主な外壁塗装の種類と特徴

種類

耐用年数  特性
ウレタン塗装  役8年 アクリルより光沢感があり費用対効果が高い

シリコン塗装

 役13年

紫外線に強く耐久性に優れている
アクリル塗装  約5年 劣化は早いが費用が安く種類も豊富
遮熱塗装  役18年 耐久性に優れ、日光の熱を遮断する効果がある
フッ素塗装  役18年 フッ素塗膜が外壁を守りメンテ期間が長く安心できる

 

外壁の新調は塗装よりも、さらにデザイン性を変更できる工事です。新調の方法には既存の外壁を撤去してから新しくボードを張っていく張り替えと、既存の外壁はそのままに上から重ねていく重ね張りの2種類があります。掛かる費用については剥がす手間が必要とされる張り替え工法の方が高くなります。価格帯の相場は150万円から300万円ほどになります。

適正な見積もりと業者選定

外壁工事をできるだけ安く抑えるためには、複数社に見積りをとって費用を比較検討することです。外壁工事は頻繁に行うことではありませんし、相場が分からない人にとっては特に重要になります。

 

CMや大々的に広告を打ち出しているところが適正価格を提示してくれるとは限りません。相場の把握や塗料の素材の選定などにも効果的です。ただし、見積りの価格が実際に必要な費用だとは限らないため、金額だけを考慮することにも注意が必要です。

 

また、いくら価格が安くても、適切な工事が行われなければ補修などの費用がかさんで結果的に高くつくこともあります。納得のできる説明ができるかなど、しっかりと中身も選定することが大切です。

 

業者の選定方法

 

・コスト

 

・保証制度

 

・接客態度

 

・納期

 

・施工事例

 

 

 

また、材料を選ぶ際には耐久性に注目して選んだ方が後悔することが少なくなります。

初期費用は通常のものと比較して高くなりますが、メンテナンスの期間が長くなりますので将来的には費用を抑えることが可能です。中には見積り額を抑えるために安い塗料や壁材を提示されることがありますので、同様になぜ安いのかの説明を受けましょう。メリットの裏にはデメリットが隠されている場合があります。

家の外観のデザインを変更するとなると、窓にしても外壁にしても年に何度も変更することは難しくなります。もし納得がいかない結果となれば、数年に渡って付き合っていくこととなるのです。

 

後悔しないためにも価格と言う分かりやすい数字だけでなく、住み心地の面や長期的なプランで向き合う必要があります。工事を依頼する際の契約はその時だけのものですが、重要なことは工事が終わってからです。家は生活していくうえで長く付き合っていくものだということを心に留めて冷静に判断する必要があると言えるでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

外観のデザインを変更する前にしっかりと費用や知識を入れておくことによって、外観のデザイン変更をする際にスームズに業者と打ち合わせることができます。

記事を参考にしていただき、家の外観変更の時に役に立てていただけましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。