アイデア

【片付けのコツの絶対必須の3か条とは?】3つ守れば完璧になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

片付けのコツを使っている綺麗な部屋

うまく片付けができない・なぜかすぐに散らかってしまうと、悩んでいませんか?

人には得意不得意、向き不向きがあります。片付けが苦手でも当然。

とはいえ、物が散乱して部屋に友達を招けない状態、どうにかしたいものですよね。

片付けられない症候群などと噂をたてられかねません。

そんな方に片付けに必要なとっておきのポイント、片付けが簡単にできるコツをご紹介いたします。

スポンサードリンク

片付けに必要な基本のポイント

片付けに必須のポイントは『物への執着心をなくす』がもっともの基本です。

  1. 物を買ってしまう
  2. 物を捨てられない
  3. 物を捨てたくない

基本的に、物が増えなければ散らかりません。また、物を捨てればスッキリしますよね。

  • 必要でないものは買わない
  • 必要なものは捨てる

いわゆる断捨離です。

この2つを少しでも意識すれば、日々の部屋の散らかり方がうんとましになるでしょう。

断捨離は、部屋の片付けができるだけではなく、節約にもなります。
楽しい節約をするための方法は?これを意識するだけ!喜びの毎日に!

簡単!片付けをするコツ

大きなものから片付ける

片付けをする際、大きなものから片付けていくのがコツです。

洗濯する時、どんなものから干しますか?

乾燥機を使う方も多いかと思いますが、大きな衣類から干しますよね。

細かな物を片付けようとしても、周囲が片付いていなければ整理整頓するスペースがなく、スムーズに片付けできません。

2つのタイプに分かれるかと思いますが、仕事でも同じではないでしょうか。時間がかかるタスクは後回しにするでしょう。

大きなものの片付けは、短時間で済ませられますよね。

女性の一人暮らしともなれば、朝選んで放置した洋服が散乱している場合だってあるでしょう。

大きなものの片付けから取り掛かり、ひとまず見た目をスッキリさせましょう。スッキリすれば、その分片付けへのやる気が出ます。

物を捨てる

スッキリ綺麗に片付けをするためには、物を減らす方がいいと言えます。

片付けを始めたら、物を捨てて少しでもスッキリさせましょう。

物を捨てるのは、片付けのコツの基本のポイントでもありましたね。

  • 使わないものは捨てる
  • 1シーズン着ていない洋服や靴・バックは捨てる

押入れや引き出し・洋服ダンスの奥の方に入っているもの、本当に必要でしょうか。

もはや何が入っているのか、確認しなければ覚えていないものもあるでしょう。

片付け中、「あ〜。こんなのあったんだ!」と迷った場合は、保留のダンボールに入れて後で査定します。

ですが、1シーズン着ていない洋服やバック類は、もう出番はないと考え捨てましょう。

片付けコンサルタント『こんまり流』では、ときめく物の見極めがポイントとなっています。ときめかないものは、捨てた方がすっきりしますね。

物をカテゴライズする

クローゼットや引き出しの中、全て物をカテゴリごとに片付けていきます。

スムーズに買い物できるのは、カテゴリで分類されているからですよね。バーゲンセールのカゴの中から、目的のものを選ぶのは至難の技です。

家のものでも同じですね。

  • 引き出しごとに、分類で分ける
  • 未分類だけでまとめる

どこに何があるのかわからないから、使わなくなってしまいます。

さらに片付けた後、目的の物を探すと再度散らかる原因になりますね。

何が入っているのか分類し、シールを貼るなどして一目でわかるようにしましょう。

小さな収納ケースは増やさない

片付けをするための小さな収納ケース

片付けをし出すと「カゴやケースを買わなくっちゃ。」と、買いに行く方がいますよね。もしかしてドキッとしましたか?

新しいものを買うとモチベーションがアップしますので、つい手に入れたくなります。しかし、そのケースが余計に散らかる原因になります。

基本的に片付けが不得意な方は、物の分類が苦手な上、何でも後回しにしてしまいます。

なのに、細かなカゴやケースが増加すると、さらに分類を細分化しなくてはいけなくなり片付けの難易度が上がります。

はじめはそれぞれを分類して、綺麗に片付けられました。でも、次第にその分類が崩れていきます。

メイクグッズが入っているケースに、いつのまにかボールペンが入っていたり、アクセサリーがこんなところに…。

ですから、今持っているケースで完結させます。

新しいケースを買えば、その分余分なゴミを増やすだけ。完全に無駄使いになりますよね。

片付けのコツの基本『物を買わない』を忘れないようにしましょう。

片付ける場所には8割の物しか入れない

物を入れる場所、押入れ・クローゼット・収納ケース・引き出しなど。全ての場所に入れる物は、スペースの8割にしましょう。

健康・ダイエットに必須の『腹八分目』。実は物にも置き換えられます。

お腹がいっぱいになりすぎれば、動くのもおっくうで行動に支障が出ますよね。

収納スペースも物で溢れれば、取り出す・片付けるが効率よく行えません。

片付け下手な面倒くさがりの方にとって、スペースの余裕も絶対に必要です。

日常的に片付ける必要がない空間を!

当たり前ですが、散らかさなければ片付けは全く必要ありません。

そのためには、以下の『片付けのコツ3か条』を守りましょう。

  1. 物の置き場所を決める
  2. 床・テーブルにものを置かない
  3. とりあえず置くをやめる

物の置き場所を決める

物の置き場所を決めるのは、絶対必須の片付けのコツです。

物を使っても、元に戻さないから散らかります。

はじめは一つだったものが「後で片付けよう」とその辺りに置いてしまい、どんどん物が散らかっていくんですよね。

あなたには、帰る家があります。それと同じように、物にも帰る場所を作ってあげましょう。

忙しい中面倒ですが、物を定位置に戻すのはほんの数秒〜数十秒。

その時間をケチるから、後で片付けに何時間もかかってしまうんですね。完全なロスです。

床・テーブルにものを置かない

床やテーブル・棚の上には、物を置かないと決めましょう。

1つ物を置くだけで、また1つと物が増加します。

実はどんな事でも、慣れが生じてくるのが人です。物が置いてあれば、あるのがごく普通の光景になり、慢性化してしまうんですね。

そのため、一切置いていない状態を維持するんです。

上述した『物の置き場所を作る』を徹底しておけば、どこにも物を置かなくなります。

女性は、朝着て行く洋服選びにも時間がかかるかもしれません。

洋服を出して、床やベッドに置けば最後。1枚また1枚と増えていくので、絶対に置かないと心に決めましょう。

気を抜いていると、まるでゴミ屋敷のような部屋になってしまいます。

『とりあえず置くBOX』を作る 

片付けのコツのとりあえずBOX
『とりあえず置くBOX』を作るのも、片付けのコツです。

仕事からの帰宅後、ダイレクトメールやレシートなど、チェックするのは面倒だし後でやろうと思ってとりあえず…が、片付かない原因。

棚の上に、1つだけ『とりあえず置くボックス』を設置しましょう。

とりあえずボックスに入れた物は、1週間に1度必ずチェックします。短期間でチェックすればするほど、楽チンです。

入れた物が溢れて、ボックスからはみ出してしまえば「もう散らかる」と考えましょう。

片付けのコツは日々の意識ひとつ

休日になると片付けなければいけない状態は、時間の無駄使いまでしている始末。おまけに、ストレスの原因にもなるでしょう。

基本的に『断捨離』と『片付けのコツ3か条』さえ守れば、休日が部屋の片付けでつぶれるなんて2度とありません。

  • 物の置き場所を決める
  • 床・テーブルにものを置かない
  • とりあえず置くをやめる

人にとって時間はもっとも大切。何にも変えられませんよね。

全てにおいて、ハッピーになれるのが片付けをするメリットです。

時間を中心に考えれば、散らかす癖が克服され、整理整頓も上手になってくるでしょう。

せっかくの時間を無駄に使っている事実を考慮し、日頃のちょっとした心がけをしてみてはいかがですか?

賢く収納!楽しく片付け!一人暮らしの女性におすすめアイデア術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。