アイデア

楽しい節約をするための方法は?これを意識するだけ!喜びの毎日に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

楽しい節約をしている女性

節約は、どちらかと言えば『我慢する』という意味合いで、マイナスな要因に感じますよね。

ですから、お金を貯めたいと思ってはいても節約したくない、ほとんどの方がそう考えているでしょう。誰でも我慢はしたくありません。

ですが少し角度を変えて考えるだけで、節約が楽しく行えるようになります!

節約は楽しみながら行なってこそ、意味があるし結果が出るもの。

節約を楽しいと感じるにはどうすればいいのでしょうか。節約を楽しくするための方法をご紹介します。

スポンサードリンク

つらい節約と楽しい節約の違い

節約が楽しくない理由

みなさんは、ご存知ですか?

【我慢と抑制】は、全くの別モノです。

  • 我慢:つらいと感じながら仕方なしに自制する
  • 抑制:良い結果に向かって自制する

節約が楽しくないのは【節約】=【我慢】だと考えるからです。

そして【ケチと節約】も、全くもって異なる行動。

これを、お金に言い変えればこうなります。

  • ケチ:必要なのにお金を出さない
  • 節約:必要でないお金は出さない

必要ではないものやお金を抑制するのが、節約の本当の意味。

【必要なのに我慢する】と辛い節約になり【必要ではないものを我慢する】と楽しい節約になるんですね。

微妙な違いではありますが、このように見方を変えると、本当にしなければいけない節約が楽しくできるようになってきます。

無駄なものに使って楽しい?

しようとしている節約が楽しいかどうか考えている女性のイメージ

何にでも恵まれている現代、私たちは大変無駄なお金を使っています。

本来必要でないものまで、お金を使っている現実。

無駄なものにかけているお金は『楽しい・嬉しい・ありがたい』などと、意識もしません。なぜなら、当たり前だと思って使っているからです。

たとえば朝の洗顔時、水を出しっぱなしにして顔を洗っているとしましょう。

お湯で洗えば、水道代はもちろん無駄になっているガス代。完全に捨てている状態ですよね。もちろん、楽しい・嬉しいなどという感覚はみじんもありません。

月に1,000円節約できればどうでしょう。コートのポケットから、思いがけず1,000円出てきたらどう感じるでしょうか。

10ヶ月になれば、10,000円です。すっかり忘れていた、本に挟んである10,000円のへそくり。見つければ、嬉しくてたまりません。

【使わなくても困らないもの】=【無駄なもの】=【浪費】これらを、節約する意識を持つんです。

節約して、その分貯金ができれば『楽しい節約』になりますよね。

この考えを根本として、楽しい節約を心がけていきます。

楽しい節約をするためには?

本当に必要か自問自答する

全てにおいて節約するのではなく、必要だと思ったものは抑制する必要はありません。

必要なものを抑制すると、我慢になります。我慢は楽しいどころか、苦痛しか感じませんね。

とはいえ、そう簡単にいかないのが人間の自制心です。

たとえばダイエット。「お腹は空いていないけど、どうしても食べたい」自制するのだから、つらい我慢になります。

楽しい飲み会。「せっかくだから、まぁいっか。もう1杯だけ飲もう。」アルコールを欲している気持ちの自制は、全く楽しくありません。

そんな時に考えるのは『本当に必要かどうか』です。

  • 我慢になるけど、これを我慢すればスリムになって美脚が手に入る
  • 飲みたいけど、二日酔いは免れる・明日の起床が楽になる

このように楽しくない我慢であっても、自分にとって利益ある結果が待っています。

物を買う時・冷暖房を入れる時『本当に必要かどうか』『後悔しないか』を前提として自問自答してみましょう。

  • 家にも似たようなものがあるし、まだ普通に使えるのではないか
  • 少し暑いけど、扇風機で難なく過ごせるのではないか
  • 踏み台昇降を10分すれば、その分暖かくなるし痩せるのではないか
  • この化粧品を買うより、規則正しい生活をした方が改善するのではないか

このような感じですね。

よく考えよい結果がもたらされると判断すれば、節約の必要はなし!思い切って買いましょう。もったいないと思わず使いましょう。

100円ショップで手にしたグッズ。本当に必要ですか?その時限りの『欲』に負けてはいけません。

ちょっとだけ自制心を抑制すれば、明日にはもう忘れているでしょう。それでもどうしても必要だと感じるなら、明日買いにいけばいいですね。

その使い分けがうまくできるようになれば、楽しい節約ができます。

『節約』と『楽しく使う』を使い分ける

食費を節約するため、友人との外食を完全に絶てば、退屈な毎日になります。

楽しく節約するためには、100%完璧な節約を目指してはいけません。

いつか、必ず無理が出るからです。

会社で『それパワハラだろう?』と感じる言動の上司。堪え兼ねる出来事を我慢し続けていると、ストレスは溜まりまくり。

イライラして肌の調子も悪くなるし、怒りっぽくなって人にあたってしまう、あげく不眠にまで進行してしまいかねません。最終的には、退職願の提出。

それと同様、ストレスがたまる我慢は節約ではありません。

どれだけ食費を節約するにしても、時々楽しい日は作りましょう。友人と楽しく過ごす時間は、必ず必要ですよね。

よい結果がもたらされる有意義に使えるお金・時間です。

でかけた外食で、ちょっと安いメニューにすればいいんです。家での食事でもです。

  • 本当はヒレステーキが食べたいけどサーロインにしておこう
  • エビスが飲みたいけど、発泡酒にしておこう

その節約は、無駄にはなりません。

500円貯金なんかがいいかもしれませんね。浮いた分を貯金箱に入れる時、毎回楽しい気分になるでしょう。

貯金箱が重くなるにつれ、通帳の数字が増えるにつれ、楽しさは確実に膨らんできます。

しっかりとした目標設定

節約して向かうゴールのイメージ画像

節約を楽しくするため忘れてはならない、節約後の目標設定です。

1年で88万貯金したこちらの女性は「月に7万は絶対貯金する!」と決めました。

目標がなくやみくもに節約し続けても、我慢だけの節約になります。

  • ゴールのない迷路をさまよう
  • ゴールに向かって進む

目標なしに、ずっと走り続けられるランナーはいません。目標なしのダイエットは、つらい思いばかり…。

『3kgジョギングする』『3kg痩せるまでは頑張る』と目標を設定すれば、明確な未来を見据えられますね。

目標達成した未来に向かって進むまでの抑制は、楽しく行えるでしょう。

目標を決めた時点で『我慢』ではなく『抑制』『忍耐』という考え方が持てるからです。

簡単に言えば、旅行へ行くまでの長距離バスのような感じでしょうか。目的地に辿り着けると思うからこそ、ワクワクするんですね。

  • 10,000円食費を節約して、外食へ行く
  • 生活費を節約して、100万貯金する

目標を決め、それに向かって突っ走るだけ。節約したあかつきには、楽しいことが待っています。

節約して目標が達成されれば、それまでの楽しさ以上の喜びが手に入ります。10倍100倍の嬉しさ、まさに感無量。

必ず、頑張って節約してよかったと思えます。

楽しさ以外のなにものでもない節約

どんな時でも、節約して得られる楽しみやメリットを想定する癖をつけましょう。

  • ファストフードや間食をやめたら、美容健康にいい
  • 美容院でのカットをしばらくやめて、髪のアレンジで楽しむ
  • 冷蔵庫の無駄な食材を使いきっていくと、電気代節約になる
  • スーパーで割引の赤札のお肉だけ買うようにすれば、特するし少しでもお金が貯まる

お金が溜まって楽しくない人はいません。

ウエストの脂肪が増えても楽しくありませんが、通帳の数字が増えると楽しさ以外感じませんよね。

【節約】=【お金が貯まる】=【楽しい】

節約の結果、得られる未来だけを意識してみましょう。節約は楽しさ以外のなにものでもありません。

【一人暮らしで生活費を節約できる方法】2万削減間違いなし!

【関連記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。