インテリア

グランピングでリッチアウトドアな部屋にする17のインテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グランピング

グランピングスタイルは、家にいながら豪華でアウトドアな気分に浸ることの出来るスタイルです。

忙しい日常を忘れ、非日常空間を味わえる雰囲気が人気のグランピングインテリア。今回は、グランピングスタイルで豪華でアウトドアな部屋にする特徴とポイント、17のインテリアをお伝えしていきます。

※画像はPinterest内の素材を使用させていただいております。

glamping_interior

スポンサードリンク

グランピングスタイルってどんなスタイル?

グランピングとは、glamorous(魅力的な)camping(キャンプ)を組み合わせた造語です。

そもそもグランピングの歴史はかなり古く、1100年代にモンゴル人が作ったパオという移動式テントが始まりと言われています。それから時が経ち1900年代、お金をたくさん持った欧米人が、アフリカで贅沢なキャンプをしながら快適な冒険を楽しんでいたようです。その時のキャンプの内装は、大きなベッドや高級アンティーク家具など、豪華なものばかりだったそうです。

グランピングスタイルは、都会の屋内にいながらも優雅で開放的な空間を演出する、リッチなアウトドアが好きな人に人気のスタイルとなっています。

ゆったりと非日常的で豪華なアウトドア空間を作りたい人に、オススメのスタイルです。

glamping_interior

グランピングスタイルは、部屋の中に取り入れるというよりも屋上や庭を使って楽しむ方が多いようです。屋上にテントやゆったりとしたチェアやおしゃれなBBQセットなどを用意して、都会のオアシスを作っています。

glamping_interior

木と布を使ったゴージャスなテントの中に、ゴージャスなベッド。まるで高級ホテルの一室を野外に持ち出したかのようなラグジュアリーな空間。最上級の贅沢ですね。

glamping_interior

広々としておしゃれな空間。ここがテントの中とは思えませんね。意心地が良くて何時間でもくつろいでいられそうです。

グランピングスタイルの部屋の特徴

グランピングスタイルの特徴は、野生的なアウトドアのインテリアを豪華で上品な雰囲気にしているところです。一般的なアウトドアスタイルよりも高級で贅沢な素材が使われています。

そして、日常生活よりも不自由な部分さえ楽しむアウトドアスタイルとは少し違って、より快適に自然を楽しむというスタイルとなっています。アウトドアスタイルとはそもそもの楽しみ方が少し違います。

  1. 豪華なインテリア
  2. 快適さを重視する
  3. 非日常的な冒険感がある
  4. アウトドアのスタイルが基本

グランピングスタイルにするための17のインテリア

グランピングスタイルのイメージが分かったところで、実際にお部屋をどのようにしていったらグランピングテイストなお部屋になるのか?グランピングスタイルにしていくためのインテリアやポイント、使い方などをお伝えしていきます。

リッチなアウトドアテーブルとチェア

glamping_interior

木材を使ったアウトドアにはリッチなチェアとテーブルが、豪華なグランピングスタイルを演出しています。室内でも自然の中にいるような清々しさを感じます。

屋上を豪華なグランピングスペースに

glamping_interior

開放感に溢れた屋上に、こんな素敵な空間が広がっていたら、毎日のディナーやランチが楽しみになりますね。屋上のスペースを贅沢に使って、豪華な家具を置いて、グランピングススペースに。

木材のリラクゼーションソファ

glamping_interior

優しいぬくもりのある広々とした木材のソファを置くと、ラグジュアリー感が出て、グランピングスタイルっぽくなります。必要以上に物を置かないところも、贅沢ですね。

カラフルなフラッグ

glamping_interior

パオをイメージさせるような色とりどりのフラッグ。ただ生活するのではなく、気分を上げるような楽しい装飾をすることもグランピングスタイルですね。

贅沢な天蓋のベッド

glamping_interior

まるで南国のリゾートに来たかのような天蓋の高級ベッド。そこから壮大な景色を見渡すことができる超贅沢な空間。高級リゾートホテルでしか体験できないような空間ですが、高層階の部屋の窓を全面ガラス張りにすれば再現できるかも…費用は想像がつきませんがw

ラグジュアリー照明

glamping_interior

グランピングスタイルの照明の色は、落ち着いた穏やかな色が良いです。ラグジュアリーな雰囲気を演出してくれて心も体も癒されます。

アンティークランタン

glamping_interior

アンティークなランタンは、品があって高貴な印象を受けるので、グランピングスタイルのインテリアによく似合います。

ダークカラーのインテリア

glamping_interior

あまり明るめの色よりも、ダークカラーの方が、高級感や重厚感が出て、グランピングスタイルには合わせやすいです。

観葉植物

glamping_interior

贅沢なアウトドアの要素を入れるグランピングスタイル。自然をおしゃれに演出するなら、観葉植物が使いやすいと思います。観葉植物を置くだけで、アウトドア感がアップしますね。ですが、植物を置きすぎるとリゾートというよりかは、ジャングルのイメージになるので注意が必要です。

生地のしっかりとしたリッチなテント

glamping_interior

一般的なキャンプと同じにならないように、テントは一般的なテントよりも生地のしっかりとした、リッチなテントを使いましょう。装飾するインテリアに負けないように、テントの生地にこだわるのはとても大事なことです。

木と布で作るテント

glamping_interior

木と布を使うことが、テントをグランピングっぽくする近道です。木を使うと見た目もおしゃれになって、贅沢なテントに感じます。

リッチな絨毯

glamping_interior

まず普通にキャンプをしていて、テントの中に絨毯をひくことはないと思います。グランピングならではの非日常的なキャンプスタイルです。リッチな雰囲気に浸れる絨毯は、偉大です。

木のインテリア

glamping_interior

品のある柔らかな木のインテリアは、グランピングスタイルを上質なものにしてくれます。自然と暮らすことが、どんなに心地よいか教えてくれるようです。木材はいろんな種類があって加工もしやすいので、DIYにも最適です。

民族柄ファブリック

glamping_interior

民族柄のファブリックは、グランピングの紀元と言われているモンゴルのパオをイメージさせてくれます。さりげなく民族柄を使うことで、アウトドア感がアップします。

自然素材でおしゃれなローテーブル

glamping_interior

開放感を感じることが一つの目的となるグランピングスタイルには、ローテーブルが役に立ちます。背が高い家具が多いと、空間が圧迫され窮屈になります。

空間を広く見せるために、自然素材で出来たおしゃれなローテーブルを置くと、とても素敵になります。

床に芝

glamping_interior

床に芝のような装飾を施すのも、斬新かもしれないです。室内であれば、ラグや絨毯などで芝をイメージしてもいいし、フェイクの触り心地の良い芝風装飾素材を敷いても雰囲気が出ますね。室内でアウトドアのグランピングをどこまで再現できるか試してみるのも面白いですね。

ラグジュアリーなハンモック

glamping_interior

ハンモックのある部屋、憧れませんか?贅沢で穏やかな時間の使い方は、ハンモックが叶えてくれます。寝心地の良い素材を選んで、お気に入りの場所に取り付けちゃいましょう。

グランピングスタイルのまとめ

いかがでしたか?グランピングスタイルのお部屋のイメージはついたでしょうか。素朴で懐かしい落ち着く雰囲気。ちょっとしたコツや選ぶインテリアを知っているだけで、簡単にグランピングテイストな雰囲気が作れちゃいます。グランピングスタイルの雰囲気にしたいと思ったら、ぜひ今回の記事を参考に、お部屋を模様替えしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。