DIY

かわいい愛猫のために。100均素材で作れる猫ハンモックをDIY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

猫ブームと言われはじめて久しい昨今。

猫を飼っている人の数は、犬を飼っている人の数に迫る勢いだそうです。

そして猫を飼う人の中には、一匹だけではなく数匹の多頭飼いをする人も多いです。

しかし、ペットショップで売られている猫ベッドや猫ハンモックってかなりお高いですよね。

たくさんの猫がいる多頭飼いには、ちょっときつい出費です。

そこでこの記事では、なんと100均ショップで買える材料で気軽に作れる、猫ハンモックの作り方をご紹介していきます。

猫ハンモック DIY

引用元:https://item.rakuten.co.jp/necosekai/scj-56086/

写真のような自立式のハンモック、とってもかわいいのですがかなりのいいお値段がします。

猫はゆらゆら揺れてリラックスできるハンモックが大好きなので、買ってはあげたいですが場所も取るしきびしいなと思っていました。

そのとき、100均素材であるクラフト用の紙パイプを使って作れる猫のハンモックが、今ネットを中心に大人気なことを知りました。

猫ハンモックは、ネットでは「ニャンモック」と呼ばれ、ハンドメイドする人が多いんだそうです。

猫ハンモック DIY

紙パイプを購入したのは100均ショップのセリア。

調べてみると、ダイソーにもあるようです。

買ったのは39cmの二本入りの紙パイプを6つ(全部で12本)です。

左側に写っているのが、紙パイプをつなぐL型ジョイントパーツです。

これは、2個入りを4袋(全部で8つのパーツ)。

うちに帰ってきて床に出して広げてみると、さっそく猫たちもなんだなんだと集まってきました。

猫ハンモック DIY

でもすぐに飽きたようで、イチャイチャしはじめました…。

白猫と黒猫ですが実は双子で、生まれたときからずっと一緒にいるので本当に仲がいいです。

猫ハンモック DIY

紙パイプで、まずはラックを作っていきます。

L型のジョイントパーツを紙パイプに差し込みます。

猫ハンモック DIY

紙パイプを写真のように差し込んで連結します。

これを上段と下段分、2組組み立てていきます。

猫ハンモック DIY

下段の部分に、紙パイプを縦に差し込みます。

猫ハンモック DIY

上段部分を、軽く体重をかけて両手で押さえ込みます。

ここまでパッケージ裏の説明書を見ながらやりましたが、正直説明書を見なくてもできるくらい本当に簡単です。

猫ハンモック DIY

骨組みは簡単なのですが、ここにハンモックをつけなくてはならないのでメジャーでサイズを測りました。

内径が40cm、枠の外まで測ると46cmありました。パイプの太さは10cmです。

ここでちょっとした後悔があるのですが、紙パイプを全部同じ39cmの長さのものにしたので正方形になり、猫が乗るには少し高さがありました。

紙パイプには30.5cmの短いタイプのものもあったので、支柱部分の4本はそちらにすればよかったかもしれません…。

猫ハンモック DIY

まだハンモックにはなっていませんが、白猫がさっそくチェックに来ました。

骨組みだけですが気に入ってくれたのかな?

猫ハンモック DIY

続いて、お兄ちゃんの黒猫も骨組みのチェック。

どうやら二匹とも、新しい遊び場所が気に入ってくれた様子です。

猫ハンモック DIY

さて猫と遊ぶのはこれくらいにして、いよいよハンモック布を縫っていきます。

内径が40cm、枠の外までは46cmだったので、少しハンモックのたるみと縫い代も計算して生地をカットします。

たるみ具合はお好みですが、ご参考までに、私は65cm×45cmでカットをしました。

ハンモック布は、うちに余っていた生地の中から、さわやかなネイビーのストライプを選びました。

猫ハンモック DIY

まず、両端の部分を1cm二度折りしてミシンでダーっと縫っていきます。

軽く引っ張りながら縫うと、仕上がりがきれいです。

引っ張りすぎると生地が伸びてしまいますので注意してください。

猫ハンモック DIY

次に、紙パイプを通す輪の部分を縫いましょう。

紙パイプは直径が10cmなので、ちゃんと通すことができるようにします。

私は写真のように6cm幅に折り、端から5mmのところをミシン縫いしました。

これでちゃんと紙パイプを通すことができるはずです。

猫ハンモック DIY

縫いあがったら、アイロンで軽く押さえます。

人間が外で着る服というわけではないので、手抜きをして省略してもかまわないとは思います。

猫ハンモック DIY

上段の紙パイプを2本外し、輪にした部分に通します。

無事に通ったのでほっとしました。

猫ハンモック DIY

これが完成形です!

ちょうどいいハンモックのたるみもできて大成功でした。

猫ハンモック DIY

さっそく、椅子で寝ていた黒猫を起こして乗っけてみます。

はじめはきょとんとしていましたが、すぐに大好きなハンモックと気づいて丸くなりました。

猫ハンモック DIY

すぐに白猫のほうもやってきて、ハンモックにのぼりました。

成猫二匹なので、お尻も飛び出しているし見た目はちょっと不安ですが、この紙パイプラックは8キロまでのものを乗せても大丈夫なのです。

二匹乗っても全く平気でした。

猫ハンモック DIY

黒白の陰陽マークのようになって、グルーミングのし合いっこ。

猫たちにとっては、ゆらゆらして気持ちいい癒しのスペースになってくれたようです!

ハンモック布の下に、おもちゃ箱なども収納できそうですね。

このまま二段、三段と上に増やしたり、T型ジョイントパーツでつなげてジャングルジムのようにしたりもできるそうです。

そして市販の自立式ハンモックの場合、壊れたときに粗大ごみに出すのも大変ですが、この紙パイプのハンモックなら飽きたらすぐに崩して捨てることも可能で、とっても便利だと思います。

猫ハンモック DIY

そして、ハンモックひとつだとさすがに成猫二匹には狭いだろうということで、ハンモック布をもうひとつ下段につけることにしました。

素材に使うのは、60cm×44cmほどのフェイクファーのペット用毛布です。

これは暖かそうだなと思って買ったものの、匂いや肌触りがお気に召さなかったのか、全然使ってくれずもう処分しようかと寝かせておいたものです。

こちらの毛布と2メートルの丈夫なひもを使って、下段ハンモック布を縫っていきます。

猫ハンモック DIY

毛布の長いほうの辺を、それぞれ8cmほど折り返しました。

ひもは四等分にし、四隅につけようと思います。

猫ハンモック DIY

ふたつ折りにしたひもを、はさみ込みながら縫っていきます。

ハンモック布を結びつけるひもなので、取れてしまわないようにしっかりと返し縫いをしましょう。

猫ハンモック DIY

フェイクファーは家庭用ミシンでは非常に縫いづらいので、手で引っ張って布を送りながらゆっくりゆっくり縫っていきます。

猫ハンモック DIY

フェイクファーが縫いあがったら、ジョイントパーツのついている四隅に結びつけます。

2メートルのひもしか無く、ひもの長さがちょっと足りなかったため、かた結びにしました。

ひもはもう少し長めのほうがいいと思いますが、猫はひもを噛んで遊ぶのが好きなため、あまりに長すぎると嚙みちぎって飲み込んでしまう恐れがあります。

そこに注意して、ギリギリの長さで結ぶようにしてあげてください。

猫ハンモック DIY

二段になったハンモックは、こんな感じになりました。

やっぱりひもが短かったようで、ちょっと下段のハンモック位置が高いようです…。

猫ハンモック DIY

白猫が設置からものの一分もしないうちに寄ってきて、匂いを嗅ぎます。

やはり気に入らない毛布だからなのか、上段のハンモックが近すぎるのか、下段に乗ってはくれませんでした。

猫ハンモック DIY

いつもは仲のいい二匹なのですが、そのぶんケンカも激しいです。

このあとは、上段ハンモックの奪い合いになりました。

でもそのくらい二匹とも気に入ってくれたようで、ハンモックを作った甲斐がありました。

下段のハンモックには、おもちゃを収納することに決めました。

猫グッズが一か所に集められるので、部屋もすっきり片付きそうです。

このハンモックは人気がありすぎて、「ねこのきもち」など猫好きが読む雑誌の付録にもなったそうです。

100均素材で簡単に作れてしまうので、ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。