住まい

【一人暮らしで生活費を節約できる方法】2万削減間違いなし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一人暮らしの生活費が節約できて喜んでいる女性

実家暮らしをしていた時とは違い、何かとお金がかかる生活。

『遊ぶために働いている』と言う人もいるくらい、人は毎日を楽しまなければ、仕事していく上でもやりがいがありません。

楽しむためのお金をどのように捻出するか…。今以上働くか節約するかの2択になります。

働けば遊ぶ時間もなくなるので、生活費の節約が1番ですね。

一人暮らしで節約するための方法。今回は、大幅に生活費を削減できる節約法を解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

一人暮らしに必須【食費の節約】

一人暮らしの家計の中で、もっとも大きな割合を締める食費。

食費は、何よりも1番節約しなければならない費用です。

毎日の食べるもの・飲むものを変えるだけで、大幅に生活費が節約できます!

ミネラルウォーターを買わない

塩素が含まれる水道水は悪いのは、当然のこと。

しかし日本の水道水は、51項目の水質基準をクリアしているため安全に飲めます。日本の水道水は、赤ちゃんに飲ませても問題ありません。

何も、ミネラルウォーターを飲まなければいけないわけではありませんね。

毎日ミネラルウォーターを飲んでいたとすれば、自動販売機やコンビニで買う分、かなり大幅な節約になります。

一昔前は、ミネラルウォーターなど販売されていませんでした。

しかも、冷蔵庫の自動製氷、水道水しか使ってはいけないとご存知ですよね。氷はよくて飲むのはダメ…矛盾していますね。

昨今では、味付きの水も販売されていますが、ミネラルウォーター界の画期的なビジネスだと言えるでしょう。

水道水を沸騰させている方もいるでしょうが、沸騰させるのは『塩素』を取り除くため。そのためには、5〜10分の沸騰が必要です。

それだけの時間沸騰させると、やかんの水は半分以下になってしまいます。

また、中途半端に沸騰させると発がん性物質の『トリハロメタン』が発生するとも言われていますね。

それに、逆に沸騰させ塩素を取り除いた水を保存している方が、危険な可能性もあるんですね。

水道水を沸騰させているとすれば、ガス代の節約にもなります。

参考:厚生労働省
医師監修たまひよ

ご飯を炊く

一人暮らしの節約のために炊いているご飯

面倒だからといって、コンビニ弁当やおにぎりで済ませている方、かなりの出費になっているでしょう。

主食であるご飯は、お米を買って炊くようにしましょう。ご飯を炊けば、かなりの節約になります。

お米は、10kg2,000円ほどで購入できます。10kgと言えば、66合。

1合約お茶碗2杯分ですから、少食の女性なら朝晩食べて2ヶ月もつ計算になりますね。

毎日炊くのが面倒な場合、2合3合炊いて小分けに冷凍保存しましょう。

冷凍したご飯は、電子レンジでチンするだけ。

お弁当やおにぎりを買うよりも、ご飯を炊いてお惣菜だけを買う方が安くつきますよね。大幅な節約になります。

一人暮らしだからこそできる!【光熱費の節約】

生活費の中でも、欠かせない光熱費。気にしながらも、どう気をつければいいかわからない方もいるでしょう。

sumoの調査によると、20〜30代の一人暮らしの1カ月の光熱費(電気・ガス・水道代)の平均額は1万3000円となっています。

光熱費はなんとか、1万円以内に節約したいもの。

そのためにできる事は、多々あります。

水道代の節約

水道代込みのアパートマンションに住んでいる場合は関係ありませんが、そうではない場合意識して節約に励みましょう。

  • 食器はワンプレートにする
  • 入浴はシャワーにする
  • 湯船の残り湯は洗濯に使う
  • 小さな洗濯ものは手洗いにする

食事の際、食器はワンプレートで済ませましょう。使う食器が多ければ、その分洗い物が増えます。洗い物を少なくすると、水道代の節約になりますね。

入浴も、一人暮らしの場合は、湯船にお湯をためるよりもシャワーの方が断然お得です。

ずっとというわけにもいきませんから、湯船にお湯をためた場合、残り湯で洗濯をしましょう。

汚いと思う方がいるようですが、すすぎは水道水で行われます。どうしても気になる方は、お湯に浸かる前に体を洗えばいいですね。

また夏場になれば、布のかさが少ない衣服ばかりになりますね。

洗濯機を使わずに、お風呂に入った時ついでに手洗いをしましょう。脱水は手絞りで行い、ポタポタ落ちる水滴がなくなるまで、お風呂場にかけておけば問題ありません。

電気代の節約

日本のよさは、春・夏・秋・冬と移り変わる四季。季節があるからこその文化や風習、日本ならではの素晴らしさです。

温暖化・寒冷化により季節感は、昔ほど感じられなくなりましたよね。春・秋がとても短く感じませんか。

年中冷房・暖房をかけているような気さえする状態、生活費節約になるのが電気代です。

電気代の節約は、生活費の節約だけではなく、女性にとって願ってもない効果も与えてくれます。

  • 冬は運動して、早く眠る
  • 夜更かしせずに早寝早起き
  • エアコンはできる限りつけずに、扇風機&氷枕でしのぐ

女性のスタイル維持に必須のエクササイズ。食事制限だけのダイエットは『本当の美』は得られないと、認識している女性も多いでしょう。

筋肉を鍛える運動は、美しさにはなくてはならないもの。

運動すれば、暖かくなります。運動してできる限り早く就寝すれば、無駄な電気代の節約になりますね。

美容に大敵の夜更かし。電気代削減で生活費を節約できるだけではなく、美しさを手に入れる効果もあるんですね。

いつまでも起きてスマホを見ていると、ブルーライトの影響で美肌にも影響が及ぼされます。

エステへ行けば、その分生活費が圧迫されます。少しでも美容代を浮かさられたら、遊びや貯蓄にまわせます。

夏は、運動してからシャワーを浴び、氷まくらと扇風機でしのぎましょう。

氷まくらは、意外と冷房なみの威力があります。

冷え性の女性にとって、1日中エアコンのかかった部屋にいるのはよくありませんね。

ガス代の節約

ガス代の削減も、生活費節約には欠かせません。

食事はまとめて作り、小分けにして冷蔵保存・冷凍保存しましょう。

  • 冷蔵保存は、2〜3日
  • 冷凍保存は、1ヶ月

仕事から疲れて帰ってきても、ご飯も含めチンして食べるだけ。

生活費の節約になるだけでなく、ゆったりとくつろげますね。

生活費節約冷凍料理は、以下の食材がおすすめです。

  • お好み焼き
  • グラタン
  • 豚の角煮
  • ミートボール・煮込みハンバーグ
  • 切り干し大根
  • きゅうりの酢の物
  • とんかつ
  • 大根の煮物
  • ほうれん草や小松菜のおひたし
  • 炊き込みご飯

まとめ作りをすると食材を腐らせることなく、食費の節約にもなります。

通信費の見直し

一人暮らしの生活費見直しのため格安SIMにしたスマホ

生活に欠かせないスマホ。iPhoneユーザーが多いでしょうか。

おそらく、ほとんどの方が7,000〜10,000円ほどはかかっていますね。

『ずっと使っている携帯キャリアだから…。』と、なかなか変えられない方も多いかと思います。

しかしそのこだわり、本当に重要な事でしょうか?

格安SIMに変えれば、大幅に生活費の節約ができます。

  • UQ mobile
  • 楽天モバイル
  • OCN モバイル
  • mineo
  • イオンモバイル
  • QTmobile
  • ワイモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • DMMモバイル
  • DTI SIM
  • J:COM MOBILE
  • LINEモバイル
  • LIBMO
  • nuroモバイル
  • NifMo
  • IIJmio
  • Fiimo

キャリアメールが使えないので、gmailなどフリーメールを作っておきましょう。

その他注意すべき点もありますが、2,000円代で携帯が使えます。

一人暮らしの生活費の見直しに、格安SIMを検討してみてもいいですね。

日用品を節約する

日用品の削減も、微力ながらも生活費の節約になります。

  • 安い時にまとめ買いをする
  • ボディソープではなく、固形石鹸を使う
  • ウェットティッシュを使わず、ぞうきんを使用する
  • サランラップは大小買っておき、使い分ける
  • 重曹や酢で掃除をする
  • ほこり取りは、ストッキングとハンガーで代用する
  • 掃除機の紙パックは、毎回変えずに中身を捨てて2,3度再利用する

ティッシュやサランラップなどは、業務用スーパーや安い時にまとめ買いしましょう。

またボディソープを固形石鹸にすると、かなりの節約になります。

一人暮らしだと、あまり大皿を使う機会は少ないかと思いますが、大皿小皿で使い分けるよう、2種類のサイズを用意しておきましょう。

かなり細かい節約ですが、塵も積もれば山となります。

掃除用品も同様。代用できるものがあれば、すすんで使いましょう。

浮いた分少しでも、貯金箱に入れていけば、生活費節約とともに貯金もできますね。

 

重曹は、掃除だけなく臭い取りにも最適です。
部屋のニオイを消すとっておきの方法!嫌な臭いスッキリ対策

一人暮らしの節約で無駄を減らして心を豊かに!

節約と言えば、けち臭い印象があるかもしれません。

しかし、一人暮らしでは悪く思う人がいませんよね。

また節約が楽しいと思えば、お金だけではなく心が豊かになります。

あまりに過度な節約もいけませんが、適度に節約しお金に余裕ができた分『遊ぶときは遊ぶ!』『買い物するときは好きな物を買う!』

うまく調節して、一人暮らしを楽しみましょう。

節約するという意識を持たず、100均のマットでクッションバッグを作ったり、Tシャツヤーンの代用に古くなったTシャツでキーホルダーやシュシュを作ったり、楽しむ方法はいくらでもありますよ。

 

楽しい節約をするための方法は?これを意識するだけ!喜びの毎日に!

一人暮らし女性が88.8万貯金したコツ!リアル節約体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。