住まい

男女で異なる住まいの条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新婚当初や同棲、マイホームを作るときに異性と意見が食い違い、「妥協した」という経験をされた人は多いのではないでしょうか?

それは男と女の住まいに求める価値観のずれから生じるのです。

では一体、男と女が求める住まいとは何が違うのかをご理解していただく為に、男女の求める住まいの条件についてまとめました。

スポンサードリンク

外部環境

  1. 1. 男性と女性では住まいの条件が異なります。男性の場合は利便性に優れたマンションを選択される方が多く、女性はセキュリティーや部屋の広さを住まいの条件に指定される方が多く居られる様です。

男性が利便性を求める理由としては、自宅に居る時間よりも仕事に出かける時間のほうが長いため、自宅から職場までの距離が短い所に住みたいと考える方が多いためです。

自宅から職場までの距離が近ければ近いほど、通勤時間を減らすことが出来るのでプライベートな時間を確保することが出来るようになります。利便性の高い所を住まいの条件にするとフットワークを軽くすることも出来るので、仕事で役立つ面も多くなります。

 

会社で問題が起きた時でも直ぐに出社する事が出来るようになるので、会社からの評価も良い物を得ることが可能です。男性は仕事を重要視する傾向が強いため、仕事にストレスがかからない選択を優先に考えます。

 

2.   女性の場合は仕事より住まいの住みやすさの傾向を求めることが多くなります。
まずはセキュリティーに関しては多くの女性が住まいの条件にあげられることが多いです。女性が一人暮らしをする時には不安を感じることも多くなりますので、セキュリティーがしっかりした所であれば、安心して住むことが出来ますし、パートナーがいる場合も安心して留守にできます。

管理人が24時間常駐している所や警備会社が巡回をしているような所であれば、女性でも安心して住むことが可能です。

特に防犯警備を導入しているマンションなどであれば、何か問題が起きた場合も直ぐに警備員が駆けつけてくれます。防犯ベルの誤作動や警報など起きた場合でも警備員が全て対応してくれるの安心です。

管理人が24時間常駐しているマンションなどであれば、オートロックでは防ぐことが出来ない不審者も防ぐことが出来ますし、管理人は基本的に入居者の顔を覚えていますので、不審者を見かけた場合には直ぐに判断することが出来ます。入居者以外の方がマンションに入ろうとしても入ることは出来ませんので安心して暮らせるはずです。

また留守の場合は宅配便などを代わりに受け取ってもらうことが出来るなどのメリットも多いので、管理人が24時間常駐する物件を選ぶ女性の方は多くなっています。

室内環境

次は室内環境に対してですが、部屋の広さも選ぶ条件に指定されている場合も多いです。男性に比べると女性の方が荷物が多くなる傾向が大きいので、部屋が狭い所では暮らしていくことが困難になりますし、男性は狭くても以外に平気な人が多い様ですが、女性は狭いと不憫に感じる様です。

 

男性であればワンルームでも気にされない方も居られますが、女性の場合は出来るだけ部屋の大きい所に住みたいという意見が多くなっており、外すことのできない条件の一つです。

大きい部屋があれば、寝室と生活をする為の部屋を分けて利用することが出来ますし、女性の方は部屋に友人を呼ぶことも多いので、プライベート空間を男性よりも女性の方が大切にされる方が多いと言えます。

特に寝室に関しては布団を利用するのではなく、ベッドを利用される方が多いので、そこそこの広さがないとベッドを置くことも出来ないため、少し郊外の所で広さを優先される方も多く居られます。
大きい部屋ならベッドを置くことも出来ますし、友人を呼ぶことも出来るので、女性の方には人気です。

他にも条件としてあげられるのは、家賃になります。男性の場合は家賃をそこまで気にする方は居られませんが、女性の方は堅実的ですし家賃以外にも支払いをするものも多いため、出来るだけ家賃が安い所を探されることが多くなります。

安い所を見つけることが出来れば、プライベートで使うことが出来るお金を増やすことが出来るので、趣味や化粧品などの購入に充てることが出来るからです。ファッションにも男性より比較的に気を使いますので家賃の条件は大事な条件です。

 

更に条件として求められる物の中に収納もあります。女性は荷物が多いため、収納スペースがあればあるほど、便利に利用することが出来るので部屋を広々と利用することが可能です。収納スペースがあまりない様なマンションであれば、室内に荷物を置くことになってしまうので、部屋が広くても有効活用する事ができません。この為、収納スペースとしてクローゼットなどが大きい所が好まれる傾向になります。

 

男性も趣味で使う、ゴルフバックやアウトドア用品など収納できずに困る方もいますので、実際に住む条件としては重要なことになります。

またキッチンの広さなども料理好きの女性には必要とされることが多く、システムキッチンがあるところには人気です。ワンルームでもキッチンがある所はありますが、広々とした空間で料理をすることが出来ませんし、収納が少ない場合は調理器具も制限されてしましますので、料理好きの女性にとっては使いづらく感じてしまいます。

 

大きなシステムキッチンがあれば、好きな料理を好きなだけ作ることが出来るので、ストレスなく料理ができますので、女性が求める条件の候補に入っている場合が多いです。

最後はユニットバスの広さになります。男性の場合はシャワーだけで済ます方も居られますが、女性はお風呂の中でゆっくりしたいと考えている方が多いので、広々としたユニットバスが人気です。ユニットバスが広いと毎日入るお風呂も楽しくなるためです。

 

男女に言える事ですが、水回りの使い勝手や清潔感は住まいにとって重要な事ですよね。

まとめ

皆さんいかがでしたか?男女の住まいに求める条件がご理解できたと思います。読んでみると確かにそうだなと感じても頭できちんと整理しておく事でより最適な住まいにたどり着けるのではないでしょうか。この記事を参考に素敵な住まいを見つけてください。

【関連記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。