リフォーム

リノベーションで古い我が家も蘇る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年、社会問題である空き家の増加により、リフォームを検討されている方も多くいらっしゃると思いますが、実際にリフォームを決断する時には沢山の選択をしなければなりません。そんな中でリフォームをしていく際に必要な知識を最低限持ち合わせておく事が大事になってくるのではないでしょうか?

業者、予算、間取り、デザインなど多くの選択をスムーズに行っていける様にまとめてみました。

スポンサードリンク

リフォームとは?

新しかった住宅も、年数の経過とともに痛みが目立ち始めてきます。

壁紙が剥がれてきたり床がきしみだしてくることも多くなり、そのままの状態では住みにくくなってしまうことも少なくありません。電気設備やバスルームなども古くなってくると使い勝手も悪くなるため、新ししくすることを考え始める人も多くいます。

 

古くなった住宅を現代的に模様替えをしていく時に考えるのが、リノベーションやリフォームなどの方法です。この二つは似たようなイメージがありますが、目的などに応じて使い方を分けています。リフォームとは、使っていくうちに経年劣化などを起こし傷んでしまった部分を新築のような状態に戻すことを指す言葉です。

 

リフォームとリノベーションの違い

アパートなどの賃貸物件の原状回復などもリフォームの一つで、使用しているうちに傷んでしまった部分を使う前の状態に戻すことになります。リフォームと似たような意味合いを持つ言葉がリノベーションで、この二つには明確な線引きはありません。

 

リフォームと同じように古くなった設備を新しくすることになりますが、大きな違いは元に戻すのではなく作り変えると言うことです。

古くなった住宅を元に戻すだけではなく、新築時以上の性能を持たせることを目的にしています。そのため、リフォームの時とは違い、工事は住宅全体に及ぶような大規模なものになることが大きな特徴です。使う前の状態に戻すためのリフォームとは違い、今までの性能にプラスアルファを求めることが多くなります。

リノベーションするメリット

古くなった住宅を現在的なデザインを取り入れた新しいものに作り変えることを目的としているため、工事の規模はリフォームとは比較にならないほど大掛かりになることが珍しくありません。古くなった一戸建ての住宅やマンションなども新築以上にすることが可能なため、最初から中古物件を探す人も増え続けています。

 

リノベーションをするメリットは、中古物件を購入する時だけではありません。現在住んでいる住宅が古くなった時も多くのメリットがあるため、リノベーションを選択する人が増えています。住んでいる人の利用状況に合わせて作り変えることができるメリットです。

 

新築や中古住宅を購入した時には夫婦二人で住み始めても、家族が増えて使いにくくなることが少なくありません。子どもが大きくなるとそれぞれに部屋が必要になるため、今の状態のままでは住みにくくなってしまいます。リフォームでは間取り変更までの工事はしませんが、壁や設備などを取り除きスケルトン状態までするのが大きな特徴です。

 

家族に合わせて間取りを変更することができるため、今まで以上に使いやすい住宅に出来ることも、メリットになります。何もない状態から設計していくため、壁紙の色からトイレやバスルームなどの設備を自由に選択でき、理想に近づける事も可能です。

新築よりリノベーション?

使い勝手を考えて購入した住宅も、年月の経過とともに気に入らない箇所が増えてくることも珍しいことではありません。住み始めた頃とは家族構成なども変わるため、自分に合わせた部屋などに模様変えをしたいと考える人も多くなります。

 

壁紙の色からバスルームやキッチンなどの設備まで変更することも可能なため、自分のイメージ通りのきれいな住まいに大変身させることが魅力です。

壁などでによって仕切られていた部屋を、広々とした広い空間にすることもできます。壁紙なども張替えるため、好きなカラーや模様を選択し自分のイメージ通りの部屋にできることも大きなメリットの一つとでしょう。

 

住宅などによっては再建築ができない場合があり、そのような場合でも今まで以上の住宅にすることができます。再建築ができない場所では、古くなった住宅を新しく建て直すことができません。そのままの状態で住み続けるか、新しい場所に住宅を購入し直すことが必要です。

 

新しく建て直すことができませんが、新築のように作り直せることがリノベーションの特徴です。外壁からキッチンやバスルームなどの設備まで新しくすることができるため、古い状態のまま我慢して住み続ける必要がなくなります。住宅が古くなってくると、新しく建て直すことを考えることも少なくありません。

 

1・新築よりリノベーションは建築コストが30%程安い

 

2・資産価値が下がりにくい、あるいは上がる

 

3・再建築不可な建物を新築同様に蘇らせる事が出来る

 

4・家族構成の変化や生活に合わせて自由に作りやすい

 

新築住宅は中古などと比較して、全てが新しいため大変きれいで使いやすいことが大きな特徴です。しかし、新築住宅に建て替えるためには、多額な費用が必要になってしまいます。

新しく建築する費用が用意できない人にも、経済的な負担を少なくすることが可能なメリットの大きい方法です。新築を建設するよりも約30%程も安い費用で工事ができるため、経済的な負担をかけずに自分のイメージする住宅を手に入れることができます。

 

資産価値が下がりにくくなることも、大きなメリットの一つです。新築住宅でも、年数が経つにつれて資産価値が下落していきます。何もしないままでは資産価値が下落していくだけですが、設備などを新しくするため下がりにくくすることが可能です。新築などと比較して安い費用で住宅をきれいにすることができるので、リノベーションをする人が増えています。

 

古い建築資材などを生かしながら、深みのある、オンリーワンの住宅を作れることが最大の魅力ではないでしょうか?最近はメディアなどでも頻繁に放映されていますが、古い建築物をリノベーションし価値をあげ、自分のライフスタイルを大切にしながら豊かに暮らす。そんな生き方を選ばれている方が増えていると感じています。

まとめ

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。皆さん、いかがだったでしょうか?

新築は一生に一度は建ててみたい事だと誰でも思う事だと思います。

しかし時代の流れの中で、人口減少に伴い住宅が余ってきています。この記事をきっかけに、一人でも多くの方がリフォームやリノベーションに興味を持ってくれて、住みやすい住宅が増え、社会全体が良くなっていってくれる事を願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。