住まい

子育てに優しい住まい環境とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子育てを考えた時に、「子供にとって本当に良い住まいとは何だろうか」

と誰でも一度は、考えた事があるのではないでしょうか?

親にとって良い住まいの環境と子育てにとって良い住まいの環境は必ずしも一緒ではないはずです。

そこで子育てにとって、重要な課題である「子育てに優しい住まいの環境」についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 1.ライフスタイルを重視する考え方

多くの方が、住まいに求める条件は、ライフスタイルによって変わってくると思います。

またライフスタイルは年齢や家族構成によっても大きく変化していきますので、一生の住まいとなるマイホームを購入するときには、現在だけではなく未来のことも考えながら決めなければいけません。

子育て世帯、または新婚カップルがマイホームを購入するときには、子どもとともに快適に暮らせる住まいを選ばなければいけません。

子どもは大人よりも住環境の影響を受けやすいと言われているので、年齢や子供の気持ちを確認し、合わせて考えるようにしましょう。

 

転校や環境の変化で精神が不安定になってしまうお子様も実に多いそうです。

そうなってしまわない様、ご両親をはじめ周りの大人の配慮が重要になります。

1-1.安全な住まいへの配慮

家の中で過ごすことが多い幼児期は特に安全性を最優先にしなければいけません。
小さな段差で躓いて怪我をしてしまったり、危険な浴室のドアや包丁などがあるキッチンの戸棚にはチャイルドロックを設けたりして、事故が起きるのを未然に防ぐ対策をしておきましょう。

 

ホームセンターなどにたくさんのグッズが販売されていますので、色々な可能性を想像しながら選ぶ事が大切です。

 

自宅で子供の怪我が多い場所

1・階段

 

2・お風呂

 

3・キッチン

また子どもは何をするのかわからないので、常に親の目が届くようにしなければいけません。
そのためには、料理をしながらリビングやダイニングの様子を確認できる対面式やアイランドキッチンが有効で、子どもを見守りながら家事をすることができます。

 

近年は、対面式のキッチンが標準的な仕様になっていますので安心ですね。乳幼児期は、どんな物でも掴み遊んでしまいますので、危険なものは手の届かんない場所にしまっておくなど、細心の注意が必要です。

ただし開放感のある対面式やアイランドキッチンは、思わぬ事故が起きやすくリスクも高いのでマイホームに導入するときには、安全対策もしっかりとしておきましょう。

2.教育面での住まい環境

家族同士のコミュニケーションも、子育てには重要なポイントです。
リビングに学習スペースを設けたり遊び場を作ったりしながら、家族が自然と一カ所に集まれる工夫をしましょう。

リビングで勉強した方が安心して勉強ができるため、集中力が高まるといった効果もある様です。

小学生になった頃には、子ども部屋を与えて独立した生活を送れるようにしがちです。
しかし子ども部屋を与えるのは高学年や中学生になってからで良く、低学年頃はリビングで家族と一緒に過ごす時間を長くすることが大切です。

学習スペースをリビングに設けておけば親が教えてあげたり、テレビゲームなどのおもちゃも目の届く範囲に置いておけば、親が管理して遊ばせることができます。

他にも、こどものが自然と整理整頓ができるようにするために、わかりやすい収納スペースを作ってあげると良いでしょう。

色分けした棚を設置して中に入れるものを決めるルールを作っておけば、小さな子どもでも自然と片付けができる習慣を身に付けることができます。

小学校の高学年から中学生になると、子どもは学習塾や部活などで少しずつ家にいる時間が短くなりますし、思春期も重なり難しい時期にさしかかります。

また親から自立したいと思うようになり、自分の部屋を持ちたいと言い出すでしょう。
マイホームの購入時点ではまた未就学児でも、将来のことを考え子ども部屋を作れるスペースは用意しておきましょう。

具体的には幼児期には遊び場として一部屋を使い、子どもが成長したら自分だけの部屋にしてあげたり、広いスペースに間仕切り壁を作って区切るなどです。

将来のことを考えマイホームの購入時点から計画を立てておけば、子どもが成長したときにも柔軟に対応することができます。

ですからマイホームを購入するときには、現在のライフスタイルだけではなく将来も考えながら条件は考えなければいけません。
子育てに優しい住まいとは、家の中だけではありません

2-1.周辺環境の大切さ

周辺の環境も子育てには大きな影響を与えるので、マイホームを購入するときにはチェックが必要なポイントです。
周辺環境で最初にチェックしておきたいのは、医療機関の種類です。

幼児期は急に熱を出したりお腹を壊したりと急に病気になるケースが多いので、夜間や救急に対応した医療機関が近くにあると安心できます。

また歯科や眼科などのクリニックも近くにあると、いざという時に便利です。
子育てで欠かせない周辺環境の施設といえば、公園です。

緑が多く広々としたスペースがある公園があれば、庭が小さな一戸建てでも子どもを思う存分遊ばせることができますので環境としては嬉しいですね。子供は思いっきり遊ばないとストレスが溜まり、イライラやかんしゃくを起こす頻度もたくなりがちです。

また自宅から公園までのルートも、必ずチェックしておきたいポイントです。
交通量の多い大通りが途中にあると事故に遭う危険性が高く、安心して遊びに行かせることができません。

子どもが一人で遊びに行くことになっても事故に遭う危険性が低いかなど、安全性にも気を配るようにしましょう。

同じように周辺の安全性に気を遣うのは、子どもが通う教育機関も同じです。
小学校や中学校までのルートは安全性が高いか、また比較的自宅から近い距離にあるかなど、通いやすさも考えてあげましょう。

子育てに優しい住まいとは、子どもの年齢とともに変わってきます。
親がまだ目を離せないときには室内は安全性を重視し、成長して行くにつれ希薄になる家族同士のコミュニケーションが取りやすいことも考えながら、家づくりや家庭内のルールは決めていかなければいけません。

また室内だけでなく住まいの周辺環境も子育てには直結するので、医療機関・公園・教育機関の有無や距離についても確認が必要です。
快適な室内と周辺の環境が整ったマイホームなら、苦労が多いと感じがちな子育ても、ずいぶん楽になり、楽しい子育てになるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大切なお子様を安心して育てられる「住まいの環境」は重要なことと理解していただけたと思います。

この記事を参考にして、素敵な住まいの中で子育てを楽しんでもらえたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プチDIYレシピ応募箱:気軽にシェアするプチDIY

あなたの小さなDIYのアイデアに感動する人がいます。

・100均DIYでこんな可愛いもの作っちゃったよ!

・恋人に贈った小物DIYプレゼントが好評だったよ!

・とにかくオシャレで簡単なDIYでしょ?

など、あなたの小さなDIYのことを私たちに教えてもらえると嬉しいです。多くの人に、もっと気軽にDIYを楽しんでもらえる為に、あなたのアイデアを貸してください。


プチDIYレシピ送信

SNSでもご購読できます。