リフォーム

リノベーションとリフォームの違いを知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰もが一度は耳にしている様な用語である「リノベーション」と「リフォーム」。

なんとなく、改装工事のことであると漠然と理解はしていても、はっきりと違いを言える方は少ないのではないでしょうか?ここでリフォームとリノベーションの違いを解説していきます。

スポンサードリンク

リノベーションとは?

 
 

リノベーション
手を加えてよくすること。修復。再生。
改革。刷新。
▷ renovation

リノベーションとリフォームは似通った言葉なため混同して使う人も多くいます。自宅に何か手を加えたいと考えている人にとって、その違いを理解することで目的を明確に業者に伝えることができるようになります。そうすると業者にきちんと意図が伝わったり、コミュニケーションが深くなり、工事の打ち合わせや進捗状況もスムーズに進めることができる様になります。

ノベーションとは、現状の建物に大規模な工事を施すことで新築の時よりも環境を良くしたり、使いやすさを改善させたりする目的を持ちます。英語の「renovation」は直訳すると「修復、刷新」と言った意味を持った単語です。つまり、修復だけに留まらず、プラスアルファの機能や利便性を追求する場合に用いるのが適切だと言えるでしょう。災害に対する耐震性を高めたり、介護が必要な方に向けたバリアフリー構造にしたり、子ども部屋の仕切りを増やしたりするなど新築の状態以上のものを求める傾向があります。

 

1・大規模な間取り変更

 

2・新築同等の性能・性質

 

3・斬新なインテリアコーディネート

リフォームとは?

作り直すこと。特に、洋服の仕立て直しや、住宅の改築・模様替え。▷ reform (改革する)の、日本での俗用。英語では、 re‐form

対してリフォームは壁紙が剥がれているものを張替えたり、外壁塗装を塗り替えたり、キッチンの設備を変更したりするなど基本的には老朽化したものを新築の状態に戻す意味合いが強いです。ただ、リフォームは包括的な意味もあり、リノベーションを指して呼ばれることもあります。

マンションやアパートなどの賃貸物件においても良く使われる言葉です。入居者が退居した後に、住む前の状態に戻す原状回復が必要だからです。英語の「reform」には「改善する」と言った意味があります。結果的に、マイナスの状態をスタートとして新築の状態に近づけたり、機能性の回復を図ったりする場合に用いられるようになりました。一般的には「リフォーム」の方が広く使われています。

しかし、それぞれの違いを言葉の意味だけで捉えると定義は曖昧です。実際の工事の規模や機能性に焦点を置いて考えると良いと思います。

 

簡単に言えば、新築時の性能を上回るような工事はリノベーションととらえることができます。

例えば住宅の床に暖房設備を構築したり、間取りを変更したり、太陽光発電を取り入れた電力供給システムを取り入れたりする場合です。

 

リフォームの場合はシステムキッチンやユニットバスを新調したり、設備の変更や補修・修繕をしたりするなど古くなったもの、老朽化したものの一部を対象とした工事になります。できるだけ新築に近い性能や機能を求めて行うものです。

 

 

1・部分的な修理

 

2・原状回復

 

3・新築に近い性能にする

ライフスタイルを変えるならリノベーション

それぞれの違いから分かるようにリノベーションの方が大規模な工事になることが多いです。新築時には分からなかった問題を刷新することができます。間取りの変更やリビングの改築など自由に設計できるメリットもあります。また、新築や中古住宅においても、その柔軟性のメリットが働き物件の選択肢も増やすことが可能です。

 

立地は良いけれど、内装や間取り、取り揃えられている設備に不満がある場合に解消できるからです。中古物件を購入してコストを抑え、設備や内装の拡充にあてると言った工夫もできます。しかし、中古物件を購入する場合には築年数に注意して、耐震性や耐久性を考慮する必要があります。さらに、工事が完了するまでの間は住み替えられません。柔軟性が高いだけに、こだわりの強さによって長引く可能性もあり、計画的に工事の予定を立てて行う必要があります。

リフォームの場合は比較的に費用を安く抑えることが可能です。予算によって必要な箇所のみの施工を行うと言った柔軟な対応もできます。工事も大掛かりに行うことは少なく、それだけ必要な期間も短いのです。

 

簡単な工事も多く、規模が小さければ仮住まいに引っ越す必要もなく、建物に住んだままで良いケースも珍しくありません。また、建物の構造や作りが大きく変化しないと言うことは、慣れ親しんだ住み心地をそのままの状態で維持できる面も持ちます。本来の機能面や性能に不満がないのであれば、良い選択肢ではないでしょうか。

現状と将来に対して判断する

違いを述べてきた中で、大事な事は将来を見据え判断していく事だと思います。

家族が増えたり、階段の昇り降りが大変になったりするなど住む人の環境の変化があった場合にはリフォームでは対応できない内容です。

 

より良い住みやすさを求めるのであれば、検討し直す必要があるでしょう。リフォームに関していえば、費用は安く済む場合が多いですが、工事は何度も分けて行うと結果的にコストパフォーマンスが落ちます。できるだけ工事をまとめて行うことで、効率が良くなり単価が安くなるメリットがあります。

 

施工する箇所が複数にわたるのであれば、リフォームとリノベーションと比較検討した方が賢明です。
各違いは何を目的としているのかによって使い方が異なります。リノベーションは新たな機能を付加したり、抱えている問題の改善を望んだりして行われるものです。

 

建物を完全に解体する大規模なものや、外観のみに留まる小規模なものなど様々です。対して、リフォームはあくまで原状の回復であって、本来の機能以上のものは求めない場合に用いられます。それぞれに違いがあるように費用面や工事の期間、柔軟性などに各メリットとデメリットが存在します。似たようなニュアンスを持つ言葉ですが、違いを考えることで望んでいるものが何なのかを見つめ直す良いきっかけとなるでしょう。

リノベーション業者とリフォーム業者は違うのか?

リノベーション業者とリフォーム業者の違いは技術としては基本的にはありません。

リノーベーションを専門的に行なっている業者はデザインや斬新なアイディアが豊富にあるという点が違いです。

 

自分から「このようにしたい」というはっきりとしたイメージがある方は良いと思いますが、業者さんに相談したり任せたりしたい方はリノベーションを専門的に行なっている業者の方が良いでしょう。

 

普通のリフォーム業者だと基本的にはスタンダードな提案しかしてくれない可能性がありますので、遠慮せずに、予算やイメージをしっかりと提示する事が大切です。

 

ホームページなど検索して施工事例など見ながら、あらかじめ調査して、3社ぐらい自分の要望を叶えてくれそうな業者を探してお話を伺うのがポイントです。

結論

リノベーションもリフォームもどちらにしてもメリット・デメリットが共存しています。

大きな出費になりますし、人生を送る上で大切な住宅です。しっかりと将来を見据え判断して行くべきだと考えます。これから先判断に迷った時は

 

・将来

・費用

・ライフスタイル

・理想

 

この中で一番重視することを大切にしバランスよく判断されるといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プチDIYレシピ応募箱:気軽にシェアするプチDIY

あなたの小さなDIYのアイデアに感動する人がいます。

・100均DIYでこんな可愛いもの作っちゃったよ!

・恋人に贈った小物DIYプレゼントが好評だったよ!

・とにかくオシャレで簡単なDIYでしょ?

など、あなたの小さなDIYのことを私たちに教えてもらえると嬉しいです。多くの人に、もっと気軽にDIYを楽しんでもらえる為に、あなたのアイデアを貸してください。


プチDIYレシピ送信

SNSでもご購読できます。