リフォーム

リノベーションって本当にお得?物件購入との費用比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年、リノベーションが流行しているが、実際に物件購入や新築を建てるより本当に安いのか疑問に感じることがあるのではないでしょうか?あれだけ大規模、かつ斬新にリフォームをしているにも関わらずに安く済むのか、実際のデーターを用いて比較していきます。この記事を最後まで読んでいただければ、ご理解いただけるはずです。

スポンサードリンク

1・ コストに関して基本的な考え方

リノベーションとは一般的にリフォームよりも多くの費用をかけて改修工事などを行い、建物の修復や再生することを指します。商店街にあるお店も部分的に一部改装工事を行ったり、一旦閉店して前のお店と全く違って見えるほど改装することがありますが、後者に該当すると考えると理解しやすいかも知れません。前者がリフォームに該当します。大規模リフォームととらえ直して考えることも可能です。

 

「リノベーションとリフォームの違い」については記事を読んで理解してください。

 

 

リノベーションを行うか新築で物件購入するか、どちらがお得であるのか大きな費用がかかるので気になるところです。大きな出費となる以上、失敗はなるべく避けたいと考えるのは当然の人間の心情と言えます。結論から述べますと単純に費用を比較した場合、物件購入よりもリノベーションの方が安くなるというケースがほとんどです。

 

 

ただ、立地条件などの環境にも左右されるため、例外も出てきます。都心の一等地にある自己所有の物件を改装するのと、周辺に誰も住んでいないような場所にある物件を購入するのとでは、同じ面積で同じだけの範囲を改修、あるいは購入したとしても新築物件を購入した方が安くなりそうなのは想像に難くありません。

2・リノベーション費用の平均値と統計

都心の物件は高額になりやすく、不便で需要のない場所の物件は安くなる傾向があります。改装の場合は、どのような場所の建物で行っても金額は大きくは変わりません。ただ、あまりに不便な場所だと向かうのに大変なので別途料金が発生する可能性があります。

 

物件購入は「立地条件で金額が変動する」

土地代も含まれて売買されるので、立地条件で新築物件の値段が決まるといってもいいでしょう。

 

 

リノベーションにかかる費用は、どの程度どれくらい行うのかで異なってきますが、一戸建ての二階建てを行った場合、概ね500万円から1500万円程度であるとされています。統計の判断の仕方にもよりますが平均して800万円前後と考えられます。

 

あくまで平均であり、中には3000万円以上の金額をかけているというケースも見受けられます。

リフォーム全体だと500万円以下が30%、501万円から1000万円までが23%、1001万円~1500万円までが15%、それ以上が30%となっています。

 

 

  • 3000万円以上が30%
  • 1001万円〜1500万円までが15%
  • 501万円〜1000万円までが23%
  • 500万円以下が30%

3・新築物件の平均値と統計

これに対して新築で物件購入をした場合、国土交通省が発表しているデータによると土地代金も含めて分譲戸建住宅は3700万円前後、注文戸建住宅で4200万円前後となっています。中古の戸建住宅は2400万円前後です。

 

 

これらは平均であり、立地条件の良い都心で購入するケースではもっと金額がかかります。例えば、ある統計によれば、東京で土地代金も含めた新築の金額はおおむね5600万円、神奈川県は4800万円、埼玉県で4200万円となっています。

 

 

東京が頭一つ抜けて金額が高く、最も安い秋田県の2900万円と比較して2700万円ほどの違いが生じています。秋田県であれば、2件の物件が購入できる金額で東京だと1件の物件が購入できる算段になります。

4・中古物件を買う選択肢

新築を購入する、すでに持っている建物のリフォームを行うという選択肢の他に、中古住宅を購入してリノベーションを行うといった選択肢もありますしか。一般に建物の価値は20年に亘って減価償却を続けていき、その後の価値はゼロとなると言われています。

 

しかし、土地については減価償却という概念は適合せず、周辺環境などによって左右されていきます。すなわち、その土地にある中古の建物を土地付きで購入すれば、建物の代金はゼロで土地代金のみがかかる費用ということになります。

 

中古の戸建住宅を平均である2400万円ほどで購入し、リノベーションを行うにかかる費用が800万円であると考えると合計で3200万円となり、新築を購入するよりはやや安い程度に落ち着きます。

 

新築注文住宅であれば、4200万円かかることを考えると1000万円ほど違いますが、分譲だと500万円ほどの差となり新築の方に分があるようにも思えます。しかし、築20年ほど経った中古の建物を土地付きで購入すればもう少し安い金額で済む可能性もあります。

 

建物の価値がなくなった時に買うと実際の価値よりお得

さらにある統計では首都圏の新築マンションの平均価格が約5100万円で、中古だと約3200万円となっています。改装に約1000万円かかったとしても、新築を購入するよりは1000万円ほどお得であることになります。これだけ違ってくると中古で購入して大改装を施して自分の好みにするのも分があると考えられます。

 

以上を勘案すると、東京や神奈川などの首都圏や愛知県など土地付きで新築費が高い場合ほど、大規模改装を行うことにお得感があり、

 

秋田県など新築での購入代金が低いところほど大規模改装の意義が低くなる傾向にあると考えることが出来ます。

 

首都圏などに物件購入を考えている場合は、大規模改装を考慮した方が良いと言えます

 

大規模なリフォームには、自分の好きなようにアレンジがしやすい・立地に関係なく金額が一定であるなどのメリットが存在しますが、新築と比べて耐震性が旧来のままである・外観などが最新のデザインではないなどのデメリットもありますので、メリットとデメリットも考慮に入れて悔いがないようにしたいものです。

最後に:理想のライフスタイルをてにいれよう!

皆さんいかがでしたか?建築条件や立地などで費用は大きく変わる事が理解できたと思います。

多くの人は一生に一度あるかないかの事ですので、妥協は絶対にいけませんし、知識を持ってベストな選択をして欲しいと心から思います。この記事があなたの理想のライフスタイルの実現に少しでもお役にたてたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。