リフォーム

気になる箇所もリノベーションで最適な住まいに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

古くなってしまった住宅や空間を素敵な場所に変えることが出来たら、最高ですよね?

現代の日本は欧米諸国に比べると、古くなった住宅を手放すか、もしくは新しく新築してしまうという傾向が強いと思います。

古くなった家にも歴史があり、人それぞれの愛着がきっとあるはずです。リノベーションでお気に入りの場所が作れる様に記事にしてまとめてみました。

スポンサードリンク

ライフスタイルで住宅を考える

住宅の寿命はメンテナンス次第で100年使い続けることが出来ると言われています。勿論、住宅のある環境や利用している部材などに応じて寿命は変わりますので、一概に100年使い続けることが出来るとは言い切れません。

 

100年使い続けることが出来れば、親から子、子から孫へと家を引き継ぐことも出来る素敵なことでもあるわけです。但し、時代も変われば間取りの使いにくさが生じる、100年使い続けることが出来ると言っても、ライフスタイルに合う間取りでなければ生活の中での不便さも生じることになります。

 

人はライフスタイルに合わなくなった時には、引越しを検討するケースが多くあります。例えば、子供が成長して独立をし、家を出て行けば夫婦二人だけの生活を送ることになります。

子供が多ければ多いほど家は空いている部屋数が増えてしまう、夫婦2人だけでは部屋を持て余してしまうこともあります。

 

ここで考えることは夫婦だけでは広すぎるので、もう少しコンパクトな家に住み替えをしようと言う点ではないでしょうか?住み替えを行えば、現在のライフスタイル、夫婦だけが暮らすのに最適な家で、生活が出来るようになるわけです。但し、住み替えともなると新しい家の購入資金や現在の住まいの売却など、お金に関わることについて考えていかなければなりません。また、建て直しと言う方法もありますが、建て直しをする場合も高額な資金が必要になります。

リノベーションでライフスタイルを守る

最近では、リノベーションと呼ばれている新しいリフォーム手法に注目が集まっています。

リノベーションは間取りを大きく変更が出来て、家を建て直さなくてもライフスタイルに合う家づくりが出来る、建て直しではないので建築費用も新築に比べ少ない、施工期間も建て直しよりも短期間で出来るなどのメリットを持ちます。

 

さらに、住み慣れた場所で全く違った間取りの家に住むことが出来るのも魅力です。近くには散歩が出来る公園がある、海や川が近くに流れていて自然環境が豊富にあるなど、都内の中にも自然が豊富にあるエリアがあるといった理由から住み続けていたいと考える人も大勢います。

 

家を引っ越すという事はこれまでの地域のコミュニティーや人間関係まで変えて行かなければならないといった側面もあります。お年寄りや子供はストレスになり病んでしまうといったケースもある様ですので、慎重に考えなくてはならないことかもしれませんね。

 

住み替えの場合はまったく異なる環境の中で新しい生活をスタートしなければなりません。現在の環境が気に入っている場合には、同等もしくはそれ以上の環境を持つ場所での住み替えが必要になります。

 リノベーションのメリット

同じような環境の家を探すとなると時間も手間もかかりますし、年老いた夫婦などの場合は探すのもかなりの労力を使うことになります。

その点、リノベーションは住まいの場を変えることなく、現在そして未来のライフスタイルを予測した形で家づくりが出来る魅力を持っています。

 

ちなみに、駅から近い場所にあるマンションは利便性が高いという理由などから、新築物件の場合は高めになります。しかし、築年数が経過している場合には、マンションは部屋自体に価値を持つので、年数が経過していると価格も下がることになります。駅から徒歩約5分のマンションを希望する人にとって高額な物件は手が出ないので、少し不便だけれども価格が安い物件を選ぶケースも多いのではないでしょうか?

 

但し、中古物件で駅から近い格安物件を見つけた時などは、リノベーションを行って新しいマンションに変えて住まいを作る人も多くなっています。

築年数が経過している場合、老朽化などの問題よりも間取りが今の時代にマッチしていない、自分達のライフスタイルに合う間取りではないなどのケースも少なくありません。駅から近くて便利だけれども、間取りが細かすぎて使いにくなどの場合は、他の物件を選びたいと考えるケースが多いわけです。

 

環境が気に入ったけれども間取りが今一つと言う場合でも、リノベーションを行えば自分たちが住むには最適な間取りになりますし、リフォームでは難しい水回りの位置変更も自在に行うことが出来ます。

 

夫婦2人だけの住まいになるので間取りを変えたい時、駅から近い中古マンションを購入して間取りを現代風に変えたい時などは、こうした方法を利用すれば住みやすい家に変えることが出来ます。ちなみに、このリフォーム手法はスケルトンリフォームとも呼ぶやり方です。スケルトンは半透明や骨格などの意味を持ちますが、建物の柱などのような支えている重要な部分を残して室内を解体します。

 

マンションや一戸建ての住宅には部屋の区切りになる部分に壁があるわけですが、この壁をすべて取り払ってしまい、浴室やトイレ、キッチンなどの設備もすべて撤去します。すべてを撤去すると、そこには一つの空間が生まれることになり、ここから新しい間取りを作り出すことが出来る様になります。

 

水回りの場合は、配水管や給水管などの位置を変えるなどの工事が必要になり、一般的なリフォームでは変更が難しくなります。ですが、リノベーションは構造体以外はすべてを取り払ってしまうので、新たな場所に配水管や給水管を移動出来る、引き伸ばすことも可能になるわけです。さらに、家全てを取り壊すことはないのでコストが安くなる、施工期間も短縮出来るなどの魅力がたくさんあるのがリノベーションではないでしょうか。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?ライフスタイルは個人の幸福感の中で多くを占めている部分です。

しかしながら、なかなか自分が理想とする住居や地域に住めない事が多いのが現実だと思います。

それでも、「リノベーション」というキーワードを上手く味方につけることにより、様々な選択肢が生まれ、理想のライフスタイルに近づけるはずです。この記事を少しでも参考にして頂き、リノベーションで理想のライフスタイルを是非、手に入れてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。