DIY

ひと月に1回は”砥石”で「包丁砥いだ」方がいいらしいよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャッシャッシャッ…やめどきが、分からない。

人生で初めて包丁を砥いでおります。

包丁研ぎ

お料理を円滑に進めるための道具というよりは、野菜や肉の繊維を次々と壊していく破壊者に成り下がってしまったうちの包丁。

砥ぐことでどれだけ輝きと切れ味を取り戻すことができるのだろうか?

今、初めての挑戦が始まっている。

スポンサードリンク

趣味と仕事が一緒っぽい職人さんの貴重なアドバイス

ホームセンターに行きました。砥ぎ石を買うためではなくて、包丁を砥いでもらうため。

でも、この職人さんに出会って考えが変わりました。

機械を使い、素晴らしい手つきで包丁を砥いでいる職人さん。

私「すごい。職人の技ですね!」

私が思わず話しかけると、

包丁職人「包丁もこうやって砥いであげると本来の力を発揮してくれるからね。自分で研いだ包丁で野菜とか切るのは、そりゃあ最高ですよ!」

こんな青春漫画に出てくるような人、現実にいるんだね。まるで幼い少年が夏休みにカブト虫を捕まえに行くような、とびっきりの笑顔でそう話してくれました。

本当にこの職人さんは包丁研ぎが好きなんだなぁと実感。一緒に来ていた同居人も同じことを思っていたみたいです。

(よしっ、やっぱり自分で砥いでみよう)そう思いました。

早速砥石を選ぶことに。しかし初めてなもんでどの程度のものが必要なのか分からない…一応私が見ていた砥石の箱に、「仕上げ」とか「中」とか書いてあったのでなんとなくは分かったのですが、これだと2つ買わなきゃ行けない。

他のタイプもある。一体どれがいいのか…その疑問は職人さんに聞いたら、一言で解決しました。

包丁職人「うん、それで十分です。」

箱の説明を読むよりも、Google検索するよりも圧倒的に信頼の置ける一言。

その後も初心者が包丁を砥ぐ時のコツと心構えを教えてくれました。心構えを四字熟語にすると、「一心不乱」だそうです。包丁職人さんから教えてもらったコツは、動画を見ながらの方が分かりやすいかもです。

使用した道具

中砥石 小 AP-127

研ぎ上手 DH-5268 はさむだけで最適角度

まとめとレビュー

なんでもそうですが、初めてって必要以上に恐る恐るやりますよね 笑 力具合は?回数は?水ってかけるの?わからないことだらけの中、砥げば砥ぐほど気持ちが入り込んでいく感覚。

職人さんがこの仕事を選んだ理由が、ほんの少し分かった気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。