住まい

太陽光発電に向いている住まいの条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年では自然エネルギーに対して意識が高まり、自宅に太陽光を設置したり、電気の自由化、原発問題などエネルギーに関する意識が高まってきています。マイホームや投資を考える中で、一度は太陽光発電に対して考えた事があるのではないでしょうか?

そこで太陽光発電に向いている住まいの条件に関してまとめました。

スポンサードリンク

太陽光発電のメリット

地球温暖化防止のためのエコ活動の一環にさせられたり、月々の電気料金を節約できる上に余った分は売電でき収入源にさせられるとして人気が高まっているのが太陽光発電です。

新築で一戸建て住宅を建築する時にソーラーパネルの設置も含めてプランに入れるという方法の他に、既存の住宅の屋根に設置するといったように各家庭により導入方法は様々ですが、どちらにも共通している事は正確な条件を知り実行に移さなければ理想的な結果には結び付けられないという事です。

 

まずは簡単にどんなメリットがあるのか下記にまとめました。

 

1・発電した電気を使うと電気代が下がる

 

2・停電時に電気が使える

 

3・環境に配慮し、社会貢献につながる

 

4・電気を売電できる

 

この様に太陽光発電を住まいに取り付ける事に対してメリットがあることはご理解いただけますが、あくまで表面的なメリットに過ぎず、当初にかかる費用などの試算が必要になってきます。

太陽光の設置条件

よく調べる事無く導入に際して不適切な場所を選んでしまえば、期待していたような結果には結び付けられずに後悔する恐れが高いです。

以前に比べると設置費用は安くなりハードルが低くなったのは事実ですが、安価とは言えない金銭的な出費をしなければならないのは事実なので、事前に正しい場所を入念に調査した上で実行する事が重要です。どんな設置条件が良いのか、簡単にまとめてみました。

 

1・設置角度

 

2・日照条件

 

3・気温

 

4・立地

そこで、念頭に置いておく必要がある情報として挙げられるのは、太陽光発電において発電できる電気の量が最も多くなるタイミングは、ソーラーパネルに向かって太陽が直角であるという事です。

直角である時が最大という事を念頭に置きつつ、絶え間なく動き続ける太陽の軌道をよく読み最大量が得られる所を探っていく事が大切です。

太陽光の事前調査

 

まず確かめるべきなのは設置する予定の屋根の形状に関してで、調査項目はソーラーパネルが難なく乗せられる面積を有している事と形状、角度や方角などであり角度や方角は発電効率に直結します。

ただし、たとえ長年住み続けている住人であってもおおまかな情報や形状しか知り得ないですし、知識に精通している専門家でも自信を持って示せる結果を導き出すには調査に時間がかかります。

そこで、調査を円滑に行うために依頼を検討している段階から住宅の建築時に使った設計図面を手配しておき、専門業者に見せて、情報共有して打ち合わせをしていくようにしましょう。

建売住宅や中古物件で手元に存在しない時は不動産会社もしくは設計士に依頼すると手に入れる事ができるのですが、設計段階と完成形とは違いが生じているのが通例なので間違いなく竣工図を求めるようにします。

図面を手にしながら専門家と住宅の周囲をくまなく歩き回り、自宅以外の周辺の建物の様子や大きな木などの位置を把握し、合わせてテレビのアンテナなどたとえ小さくても少しでも影を生み出してしまいそうな物の位置を確かめておきます。

太陽光発電は屋根の上に常時設置し続ける物なので、当然休む事無く発電し続けるのですが1年間の中で最も発電量が増幅するタイミングは、ソーラーパネルが真南を向いていて角度が30度をキープしている時です。

ただし、30度という角度はあくまでも東京などを調査対象として見た場合の角度となり、札幌であれば35度が最良になりますし那覇なら20度が最良の角度になります。

南ではなく東や西に向けて設置しなければならない環境下であるのなら0度に近づける程効率性が高められるのですが、ソーラーパネルは傾斜が緩やかになるほど汚れが蓄積しやすくなってしまいます。

札幌の南向きで35度という比較的高い角度にすれば、空気に含まれている埃やゴミがソーラーパネル上に蓄積しても雨が降れば自然に洗い流されるので、表面上に積もったゴミがフィルターとなり発電効率が落ちるといった問題が自然に解消できます。

また、太陽光発電を希望している方々は誰もが共通して生み出せる電気量は多い程良いと考えていますが、専門家に立ち会って頂いて初めて理解する事もあります。一社ではなく専門業者に問い合わせをしてお見積もりを出してもらう事が大事です。

屋根の形状

当初想定していた大きさのソーラーパネルが物理的に大きすぎてしまい、自宅の屋根の上には設置させられないという事実が判明するという事です。

地域差や住人の好みにより屋根の形状は著しく違いがありますが、数ある中で最も条件に適しているのが一面のみが傾いているいわゆる片流れ屋根です。

特に屋根の中で唯一傾きが生じている箇所が南側を向いていて面積が広い様子であれば、まるで太陽光発電のために作られたと言っても過言ではないほど高効率の発電が得られるようになります。

しかし、最高な条件と言えるのは南向きを向いていた場合のみに限られ、北側に向かって片流れ屋根になっていると最も良くない状況になってしまい、思い切った他の選択肢も検討しなければならない程です。

同じく気を付けなければならないのは落雪などの懸念がある雪国の建造物によく見られる平面になっている陸屋根であり、平面になっているが故に当然そのまま置くとソーラーパネルが平置きした様子になってしまいます。

一切の角度が無いのは発電効率が悪い上にゴミが蓄積する一方なので、必ず角度を付けなければならないため陸屋根に太陽光発電の設備を設置するためには、角度が付けられるようにしっかりとした土台を含めて建築します。

最も手間がかかる工事ですが土台を使うからこそ角度や向きが自由自在になり、実は最も条件としては柔軟性が高いです。

太陽光のデメリット

前向きに検討している人にとって気になるのは、どんなデメリットがあるかではないでしょうか?

メリットとデメリットも考慮して判断していく必要があります。

 

1・初期投資費用が高い

 

2・配線など破損し、メンテナンス費用がかかる

 

3・売電価格が変動する

 

4・設置後に日当たりの変化

 

5・あくまで気象条件に左右される

 

上記で述べた様なことがデメリットになると思います。

投資的な視点でみると未来に対しての不安要素でしかありませんので、判断する際は

万が一イレギュラーなことが生じても問題ないように、ランニングコストも考え判断していくことがたいせつです。

まとめ

皆さんいかがでしたか?

太陽光発電を検討されている人は高価な買い物ですので、不安を感じている方も多いと思います。

この記事を参考に、適切な業者を選んだり、事前に調査をしっかりと行い、太陽光発電に取り組んでいただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する52の方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方などをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることを実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。