DIY

あまり知られていない。工事用ワイヤーメッシュ、ご家庭での使い方|EBT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワンコインで、ちょっぴり男前な収納ラックが出来上がりました。

工事用の「ワイヤーメッシュ」ってDIYで使ったことありますか?まだあまり使ったことがある人はいないかもしれませんね。

でもコイツ、なかなか優れものなんです!

スポンサードリンク

ワイヤーメッシュってどんなやつ?

ワイヤーメッシュ(和名:溶接金網)とは、通常家を建てる時の基礎工事などに使われている、網状の金属です。身近なもので似ているものとしては、100均などで売られている”メッシュパネル”や”ワイヤーネット”です。似ている…というか使い方はほとんど同じかもしれませんw

ワイヤーメッシュで収納ラックを作ってみよう!

メッシュパネルやワイヤーネットを使って既にDIYしたことがある人は、イメージが湧きやすいと思います。ちょっと大きくなっただけです。そやつを私なりにアレンジしてみました。

チャンネル登録→http://urx.red/JuG8

【1】ワイヤーメッシュを好みの大きさにカットする。

売られているワイヤーメッシュはだいたい大きさが決まっているようです。私がホームセンターで発見した時も、畳1畳分くらいのものしかありませんでした。でもペンチやニッパーで簡単にカットすることができるので、問題ありません。(もっと大きいものが欲しいという方は残念ですが、繋げて使いましょう。)私の場合も、ちょっぴり頭がはみ出してしまう部分をニッパーでカットしました。

【2】アイアンペイント(ブラック)でペイントする。

塗るだけで金属の質感が出るというイケてるペイントを使って、ワイヤーメッシュをペイントしていきます。っていうか、初めから金属なのにわざわざアイアンペイントを施す必要ないじゃん!って思った方もいると思います。そう、好みなんですが私はワイヤーメッシュの錆びてる部分が気になったので、サビ隠しとサビ防止ということでアイアンペイントを使うことにしました。

錆びてるのがかっこいい!という方は、わざわざ塗る必要もないと思います。

刷毛を使って塗っていったのですが、ペイントが飛び散るので新聞などで壁や床をガードしてください。私は横着して新聞なしでやろうと思ったら、壁紙にほんの少し着いちゃって取れなくなりましたので、慌てて新聞紙を用意しました。

で、これは好みや感覚値になってしまうのですが、思ったよりもたっぷり目に塗ってあげると綺麗に塗れます。絵の具みたいに伸ばして塗るというよりは、ちょっと”ボタボタ”塗る感じ。

【3】ワイヤーメッシュを壁に固定する為に、端材に溝を作ります。

初めはL字フックとかでワイヤーを挟んで固定しようと思っていたのですが、もっとかっこいい方法で固定されている方がいたので、そのアイデアをパクらさせて頂きました。その方はプロの建築士さんのようです。真似させて頂きますとメッセージしたら、「どんどん真似してください」と寛容なお言葉をいただきました。→craft japan

DIY関連の企業が集まるイベントに参加させてもらった時も思いましたが、物作りが好きな人たちって他人に優しいというか、知識やアイデアを独り占めしないで、むしろ広く伝えていければなって方が多い気がします。競争するのではなく、共同する感じです。もちろんリノベらしでお伝えしているアイデアもどんどんシェアしていってくださいね。

craftjapanさんはさすが工具を豊富にお持ちなので、”溝切りカッター”でサクッと溝を作っていました。私はというと、”ノコギリ”と”トンカチ”と”ミノ”というアナログな工具で溝を作りました。大工さんになったようで楽しいですよ。ミノで溝を掘る瞬間が気持ちよかった!

以前2×4材をカットした時に出た端材に溝を作っています。

【4】溝を掘り終わったら、鉄ヤスリでこすってバリを取ります。

手を怪我しないために大切な行程です。

【5】表面もサンドペーパーでこすります。

これから木材にWaxを塗るので、木肌をすべすべにしておきます。

【6】VintageWax(ウォルナット)で色をつけていきます。

※ここからの画像は実際の色とは少し異なりますので、ご了承ください。

タワシにWaxをつけて木材に塗っていきます。歯ブラシの方がやりやすかったかもしれないですが、捨ててもいい歯ブラシが無かったのでタワシで。

塗り終えて30分ほど経過したら、一度ウェスなどで木材表面を拭きながらWaxをさらに伸ばしていきます。そのあと、放置します。(完全に乾くのは24時間以上)

【7】Waxが乾いたら、ワイヤーメッシュを支える木材をビス留めしていきます。

木材がビスを打ち込む場所に、柱があること(私の場合はフェイクウォールの後ろにある2×4材)を確認して、四隅と真ん中(私の場合は計6カ所)にビス留めしました。

はじめに開けた穴(一番左)は少しずれていたのでボンドで埋めました…

【完成】木材をにワイヤーメッシュを引っ掛けたら、完成です!

画では見えないですが、下側にもう2ヶ所木材をビス留めしています。

【アレンジ】工具やDIY道具を引っ掛けてみました。

※この画像は実際の色味に近いです。

私は主にフライングタイガーで買った大きめのクリップを使って工具を引っ掛けていますが、S字フックやL字フックを使ってもいいですね。

【使用した素材&道具】

チャンネル登録→http://urx.red/JuG8

こんなに便利なのになぜあまり使われていないの?

DIYが流行っている今、多くの人はインターネット上で情報を探していると思います。そこにたくさん掲載されて話題になっている素材であれば、多くの人の目につき、多くの人がその素材を使って、少しアイデアを載せて素敵なモノを作ります。でも、私が知っている中ではほとんどワイヤーメッシュを使ったDIYがありませんでした。(しっかり探せばあるのかもしれないですが)

私もたまたま今後の自分の部屋のイメージを模索していたら、インダストリアルな部屋の画像の中に、金網をインテリアとして飾ってある部屋があって「カッコイイ」と思ったのがキッカケです。

そのあと別件でホームセンターで買い物をしているときに偶然、工事用資材置き場でワイヤーメッシュを発見して、すぐに手に取りレジに向かいます。一緒にレジを待っていたDIY好きらしいおばあちゃんが、不思議そうに何に使うのか訪ねてきました。やっぱり少し珍しいみたい…

まとめとレビュー

何がいいって、安価だし、癖がないデザインなので、使い勝手がとても良いです。カットもペンチやニッパーがあれば簡単に出来るので加工も楽です。鉄なので、それなりに強度もあるし。

まだまだ可能性がたくさんありそうなワイヤーメッシュ。何か素敵なアイデアを見つけたらぜひ教えてくださいね。

【賃貸DIYランキング】

【関連記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ:ちょっぴりワガママな住まいを実現する方法

今の住まいは本当にあなたらしいモノですか?もしもあなたに、今とは少し違う理想の住まいがあるのなら、私たちと一緒に自分の手で夢の住まいを表現してみませんか?このメールマガジンは、

・DIYで自分好みのインテリアを作っていく方法

・セルフリノベーションを成功させる考え方

・海外と日本の住まいに対する幸せの感じ方

など、「暮らし」を根本から見つめ直し、実用性のあるセルフリノベーションの方法や考え方、お手軽にできるDIYアイデアなどをお伝えしていきます。あなたらしさをほんの少し解放してあげるだけで、毎日の暮らしがちょっぴり幸せになることをぜひ実感して下さい。


無料メルマガ登録

SNSでもご購読できます。